綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

忘恩

人間は人に受けた恩は忘れがちです。受けた恩は忘れないと言うことは,恩人を裏切らないという事です。恩を裏切ることは人の道に外れた行為で,後味の悪いものです。そんな醜い人生は子供にみせたくないでしょうね。しかし,永田町はそんな裏切りがおおてを振っててまかりとおる世界なのです。しかし、そんな永田町でも裏切り者の末路は憐れな者ですね。人を裏切ると裏切られた人の怨念が青い炎となって燃えたぎるのです。裏切りがむごければむごいほどより強い怨念となってしまうのです。怨念が恨みとなり禍を世の中に起こさせないためにも、無念な最後を遂げた人の魂を古代の人は鎮魂するためにいろんな政を行い神社を建ててその中に怨念恨みを閉じ込めて鎮魂するという事が行われてきました。さしずめ北野天満宮や,出雲大社はその最たるものなのですよ。さてさて、受けた恩を忘れずにそれを肝に銘じている人は天が味方をするとか。本当だろうか。受けた恩だなんてはじめからつゆほども思っていなくて自分の実力でやってきたという人ばかりがやたら多い世の中になってきたかな。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-06-07 15:18 | 教育・学校 | Comments(0)