綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

風の行くへ(学習支援協議会)

一昨日綾高学習支援協議会の役員会があった.協議会を立ち上げて初めてで、また、終わりの協議会だ。
 特進コ-ス生徒の学力アップのため、外部から学習支援業者(塾業者)に依頼する為の金銭管理の受け皿の為に組織された。PTAからは会長と理事として選出されている。同窓会から副会長と理事が選出され事務局長は事務長が就任している。
 地元篤志家から100万円同窓会から50万円を拠出して業者報酬をだすものだ。
 業者からの学習分析を聞きながら感じたことは、生徒に自由選択をさせていることへの疑問だ.たとえば、社会科で政治経済だけに絞って履修させることが効果的である。と言うのが業者の意見であった。
 学校の伝統なのか、教師への配慮なのか.生徒に対して強制をすると言う事をしない、あくまで生徒の自由選択に任せている。たとえば、特進コ-スの生徒はこの特別補講を必ず受講すると言う事はしない。生徒の自主制というか選択に任せている。
  堀川高校などは生徒の選択限られていてる。とか.堀川に勤務している人が随分自由なのですね。と感心していた。
  特進コ-スのカリキュラムの再検討が必要だ。教師の意見を尊重する事は必要だが、管理職のリ-ダ-シップが発揮されていない.教師の意見に翻弄されている感じだ。
  会計報告があったが、50万円の残高が出た.篤志家に金銭の返還を申し出たそうだが、辞退されたとか。頼もしい企画の学習支援だから2~3年継続をするのがべタ-であり効果が期待できるが、国公立大合格9人では、篤志家に引き続きお願いすることも絶望的だ。
  まったく、泣くな妹よ、妹よ泣くな。泣けば幼い二人して、生きてきた甲斐がない。替え歌。泣くな有志よ。有志よ泣くな。泣けば、これまで多くの有志が、学校支援をしてきた、甲斐がない。と絶唱したくなるさ。
 愚痴はよそうぜ。いまさら愚痴ってなにになる。土壇場で慌てふためいて補習をしても、そりゃー無理よ.とつぶやく無責任な人もみかける。
 さまざまなこと思い出す桜かなーーならぬ、様々なことを深く考えさせる会であった。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-04-01 10:14 | Comments(0)