綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

風のいくへ(入学式)

一昨日母校の入学式に会長代理で参列した.会長代理で入学式に参列するのは之で二回目だ。一回目は、福井氏が校長で転任してきたときだ。今から六年前だ。福井氏がどのような式辞をのべられたか記憶にない。私の記憶の残るような式辞ではなかったと言うことか。
 今回の来賓は四方府議・山崎副市長・中丹指導主事・PTA会長と私だ。PTΔ会長は、私が府立工業時代の生徒である。先生は生徒の時から存じ上げています。と挨拶を受けたのは驚きだ。府立高業時代の生徒がPTA会長。私も長く生きてきたねものよ。恥をかかないうちに身の回りの整理をすべき時かとおもった。
 式場に入って驚いた.保護者の参列の多いことにだ。確認をしていないが200名は超えていたのではないか。中丹指導主事から聞いたが、近年小学校・中学校でも保護者の参列が増えているとか。
 岸田校長の式辞苦難や困難に直面しても逃げずに立ち向かってこそ、乗り越えたとき人として大きく成長できる.さらに高校生活に対しては、志を高く持つ・主体性をもつ・自分の物差しで生きていく.保護者に対しては、生徒の進路実現に向けて教職員一体となってとり組む。と決意を述べられた.岸田校長のリ—ダ-シップに期待したい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-04-13 10:49 | Comments(0)