綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

風の行くへ(府立学校校長0B会)

昨日は、恒例の府立学校校長0B会がルビノ堀川で開催されたので参加した。総勢120名の参加である。
  毎年欠かさず参加しているが、知人が年ごとに減っていき、席順が上位になる。知人が少なくなることは、寂しい限りだ。ふと来年参加出来るだろうかと心細くなる。年は取りたくないものだ。
 総会の開催時刻を間違えていたらしく、私が出席したときにはすでに始まっていた。遅く会場に入った者だから、あいている席が見つからずぼぅーたっていたら、中島先生が、先生どうぞと席を譲ってくれた。彼とは、定時制の時の同僚である。その気配りに感謝する。
  宴会では、当時の人事主事と酒を酌み交わしながら思いで話に花が咲く。当時の私である怖い者知らずで随分無理なことを要求したが、そのことを根に持たずさらりと受け止めて私の席に来てくれる。ありがたい事だ。
 当時綾部高校の校長であった小林君と相席である。小林君曰く。やはり制度を変えない限り進学は向上しない。今年園部高校は京大に3人合格した。園部高に中高一貫校の設置が基礎になった。中高一貫校の設置も政治力による。その意見に全く異議なしだ。
 行政はどこかで圧力をかけないと動かない。その圧力の根幹は政治力だ。政治力のある政治家を育てるのが我々のつとめだ。
 細野指導部長は小林君が担任した生徒である。小林君や荒川君と細野指導部長の話をしている最中に細野指導部長が席に来られた。荒川君がくしゃみが出なかったかと冷やかす。細野指導部長には過日の会議お礼を言いながら、随分ぶしつけなお話をしたがと言うと、母校を思われる地元の熱い思いをしっかりと受け止めさせていただいた。かって聞いたことがない理解あふれる言葉に感激だ。 綾部高校改革改善に全面的に理解してくれる人が始めて現れた。
  京都市の桝本市長の母校は確か堀川高校であり、現市長大作氏の母校は西京高校ではないか。出身校の活躍が誇れる学校で有って欲しい。此の事はトップとしては共通の願いではないか。
 しかし人間いろいろ母校の発展なんて意に介さないトップも見かけるがーー。
 綾部高校の前校長が役に立たず申し訳ありませんと言って席に挨拶に来てくれた。私はこのブログであしざまに批判しているが、そのことを気にせずいやな奴ほどその懐に飛び込むことだと言う事を実践している。なかなか見応えのがある男だ。
 ブログで少し批判をすると物議をかもしたと大騒ぎをして、あちこち告げ口する小心者もいるが--そんな男を認めるようなトップがいるだろうか。
追記 勝間会長が席に来て、綾部高校の進路指導アドバイザ-私がセンタ-でしているのでよろしくと頼まれた。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-05-14 10:26 | Comments(0)