綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

随想(自民党都議団惨敗)

東京都都議会議員の結果はマスコミの予想どおり都民ファ―ストの会の一人勝ち、自民党都議会議員は見るも無惨な惨敗だ。祇園精舎の鐘の音に諸行無常の響あり,おごれる者は久しからずを実践するかのごとく、自民党都議団の慢心と傲慢に都民の容赦のない鉄槌が下された。(私が傲慢と感じたのは,小池氏が知事に就任し挨拶に行かれたときの応対握手はしない小池氏が議長に一緒に写真を撮ろうと誘われても拒否する。少なくとも応対事例たとえ意に沿わなくても誘いに応ずるのが議長としての最低の礼儀だろう)議員団諸氏ここは正念場一念奮起いや臥薪嘗胆今後四年後の都議選に向けて真摯に唯ひたむきに都民のニ-ズをしっかりとつかみ,その実現に努力する事により都民の信頼を回復する以外に道はない。小池知事誕生以後の都議団行動に慢心はなかったか。猛省すべき時だ。折も折、自民党国会議員の失言や,愚行が報道され,悪い流れに追い打ちをかけられた気の毒な面もある。されど今回は都民からきついお灸を据えられた。議長・幹事長が落選では救いようがない惨敗だ。落選議員は慢心を戒め、傲慢を猛省して再起に備えられたい。
 反省は誰でも出来る。さるでも反省はする。議員活動・是までの自己の行動が都民の信頼を勝ち取ることが出来なかったのか。都民が付和雷同勝ち馬に乗ったのか。それとも自民党に対する痛烈な批判なのか。
 日本人の悪い癖付和雷同・大衆迎合に躍らされたのか。とにかく諸々のことをしっかりと反省総括されたい。再起を願う自民党都議会候補者は,今から四年後を見据えて都民のニ-ズ応えるカッドウを始める事だ。
 戦いすんで日が暮れて諸行無常の風に殲滅すれば、ひときわわびしさと無念さがこみ上げて,自分の愚かさをかみしめることになった。でもこのような状況を身から出たさびと一刀両断するには忍びない。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-07-03 10:42 | Comments(0)