綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

官僚の矜持とは、

官僚の矜持とは,在任中は面従服背を徹底すること。退任すれば,在任中の不合理な事柄を徹底してマスコミに流し正義漢を気取ること。そのような皮肉の一言も言いたくなるような前川氏の言動には失望する。
 男ならとは云わないが,官僚のトップなら、在任中になぜ行政がまげられていると大臣に抗議が出来なかったのか。御身大切が至上命題か。官僚のトップなら公の為に志に殉ずるだけの気概はなかったのか。
 確かに頭脳明晰答弁に齟齬はない。完璧だ。前川氏に一読をお勧めする。城山三郎氏の官僚たちの夏・佐高信氏の官僚たちの志と死。
 官僚たちの夏のモデルとなった通産省事務次官佐橋滋氏は,筋の通らないことは断じて許せない。どちらが正しいかマスコミに訴えるぐらい開き直れ,自信を持って--
 小説k中では,俺たちは国家に雇われている,大臣に雇われているのではないのだ。  
 官僚の皆さんの頭脳明晰は誰もが認める。されど、国家のために働く為には,志のためには命を捨てるだけの胆識が無ければならぬ。前川氏には胆識のかけらも残念ながら見受けられぬ。官僚としては、国家のために働くには,志のためには命を捨てる覚悟と胆識が合わせ備わっていていなければならぬ。これこそが本来官僚に要求される官僚の矜持だ。大多数の官僚の皆さん方は,国家のために働くには,志のため命を捨てる覚悟で仕事をされていると推察する。前川氏は異色官僚の矜持はかくあるべき模範生なのかも知れぬ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-07-11 09:24 | Comments(0)