綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

報道しない自由

過日参議院で自民党青山繁晴氏が質問されているのをテレビ中継で見た,さすが、ジャ-ナリスト出身質問が適格だ。当日の証人は,前川・加戸氏であった。加戸氏は前川氏の先輩で愛媛県知事をつとめ今治に獣医学部設置に尽力された。前川・加戸氏の答弁はどちらが正当かは、国民が判断する事である。
 ところが翌日の新聞には加戸氏の答弁は掲載しないで,自分たちの主張に沿った前川氏答弁だけを掲載し加戸氏の答弁は掲載していなかったのが,朝日・毎日新聞である。 政党新聞ならいざ知らず新聞は社会の木鐸といわれ,公平・公正・不偏不党の立場を堅持すべきだ。
 加戸氏の証言は,愛媛県にとっては,12年間加計ありきだった。今更1/2年間の加計ありきではない。10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。ゆがめられてきた行政が正された。と言うのが正しい発言ではないか。
 朝日・毎日の報道姿勢はは,報道しない自由の極端な事例ではないか。報道しない自由そのような事が存在するのか。事件が勃発するとジヤ-ナリストが殺到して傍若無人な質問を浴びせる。第三の権力か,第四の権力か知らぬが,そのたいどたるや,横柄そのものだ。そして、その報道内容たるや、新聞社の思いのままにカットされて報道される・
 若者の活字離れがすすんでいる。さもありなん、このような報道姿勢では,若者は新聞報道を信用しなくなり,新聞社自ら墓穴を掘る羽目になると断言したい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-07-17 10:52 | Comments(0)