綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

報道しない自由

過日参議院で自民党青山繁晴氏が質問されているのをテレビ中継で見た,さすが、ジャ-ナリスト出身質問が適格だ。当日の証人は,前川・加戸氏であった。加戸氏は前川氏の先輩で愛媛県知事をつとめ今治に獣医学部設置に尽力された。前川・加戸氏の答弁はどちらが正当かは、国民が判断する事である。
 ところが翌日の新聞には加戸氏の答弁は掲載しないで,自分たちの主張に沿った前川氏答弁だけを掲載し加戸氏の答弁は掲載していなかったのが,朝日・毎日新聞である。 政党新聞ならいざ知らず新聞は社会の木鐸といわれ,公平・公正・不偏不党の立場を堅持すべきだ。
 加戸氏の証言は,愛媛県にとっては,12年間加計ありきだった。今更1/2年間の加計ありきではない。10年間、我慢させられてきた岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。ゆがめられてきた行政が正された。と言うのが正しい発言ではないか。
 朝日・毎日の報道姿勢はは,報道しない自由の極端な事例ではないか。報道しない自由そのような事が存在するのか。事件が勃発するとジヤ-ナリストが殺到して傍若無人な質問を浴びせる。第三の権力か,第四の権力か知らぬが,そのたいどたるや,横柄そのものだ。そして、その報道内容たるや、新聞社の思いのままにカットされて報道される・
 若者の活字離れがすすんでいる。さもありなん、このような報道姿勢では,若者は新聞報道を信用しなくなり,新聞社自ら墓穴を掘る羽目になると断言したい。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-17 10:52 | Comments(0)
昨日は綾部高校同窓会会報編集会議に出た。同窓会には、総務・会計・企画・渉外・広報の5っつの委員会がある。本来は,それら各部が計画立案して同窓会が運営するのが建前であるが形骸化して・正副会長中心の運営になっている。過日の広報部会も井関委員長以外に部員が参加していなかった。その事について、追追口出しをしてきつい口調で苦情を言ってしまった。ついつい私の悪い癖が出る。いくつになって治らぬ。井関委員長には不愉快な思いをさせてしまった。
 要らぬ口出しは厳に慎まなければ成らぬ。一生懸命やっておられる人達の足引っ張りだ。会議早めに終わったので,久しぶりに岸田校長と話す機会があった。トップが代われば学校が代わる。といわれたものだが,ここ数年間綾部高校のトップが代わっても,なにも代わらぬ状況が続いたが,今回は違う。学校案内を見せていただいたが,昨年度の学校案内はごちゃごちゃと読みづらく見る気もし無かったが,今回はずば抜けてすっきりとしている。トップが代わればこのように代わるのか。 
 学校長の話を聞いているといろんな改革改善の思いがあるようだ。校長の思いを具現化するのは副校長の腕の見せ所だ。いい格好をするでない。泥を被る覚悟必要だ。改革改善をするときは必ず抵抗勢力が存在する。抵抗勢力にどのように思われようが,ここは,副校長の出番だ。批判を恐れることなくとり組め。
 綾部高校の進路保障は,校長の意向を副校長がどのように具現化し教職員のベクトルを如何にそろえるかにかかっている。府教委も副校長の力量を見極めるいい機会だ。副校長さん,泥を被る覚悟で真剣に取り組んでください。校長のスペアーはないが副校長のスペアーいくらでもある。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-13 15:35 | Comments(0)

官僚の矜持とは、

官僚の矜持とは,在任中は面従服背を徹底すること。退任すれば,在任中の不合理な事柄を徹底してマスコミに流し正義漢を気取ること。そのような皮肉の一言も言いたくなるような前川氏の言動には失望する。
 男ならとは云わないが,官僚のトップなら、在任中になぜ行政がまげられていると大臣に抗議が出来なかったのか。御身大切が至上命題か。官僚のトップなら公の為に志に殉ずるだけの気概はなかったのか。
 確かに頭脳明晰答弁に齟齬はない。完璧だ。前川氏に一読をお勧めする。城山三郎氏の官僚たちの夏・佐高信氏の官僚たちの志と死。
 官僚たちの夏のモデルとなった通産省事務次官佐橋滋氏は,筋の通らないことは断じて許せない。どちらが正しいかマスコミに訴えるぐらい開き直れ,自信を持って--
 小説k中では,俺たちは国家に雇われている,大臣に雇われているのではないのだ。  
 官僚の皆さんの頭脳明晰は誰もが認める。されど、国家のために働く為には,志のためには命を捨てるだけの胆識が無ければならぬ。前川氏には胆識のかけらも残念ながら見受けられぬ。官僚としては、国家のために働くには,志のためには命を捨てる覚悟と胆識が合わせ備わっていていなければならぬ。これこそが本来官僚に要求される官僚の矜持だ。大多数の官僚の皆さん方は,国家のために働くには,志のため命を捨てる覚悟で仕事をされていると推察する。前川氏は異色官僚の矜持はかくあるべき模範生なのかも知れぬ。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-11 09:24 | Comments(0)

風の行くへ〈祝賀会)

昨日は,ホテルロイヤルヒル福知山で、前福知山市長松山正冶氏の叙勲祝賀会が行われ参加した。総勢192名が参加されていた。吉川先生・土田先生・近本先生・友繁先生・斉藤先生・南田先生達が参加されていた。お互い元気な顔を見受けるとほっと安堵をする。なぜか,つきあいの良い荒川先生の顔は見えなかった。蘆田平発起人代表の挨拶から始まり,京都府知事代理山内副知事。橋本府教育長の挨拶は高校改革改編のとき,松山指導主事と一緒に仕事をしたときの印象を話されていたが、着想というかアイデァマンである。大橋福知山市長は,松山市長時代の功績をたたえて話された。松山氏がお礼の挨拶をされたが,三期目は、本日ご出席いただいている大橋市長には負けましたがと参加者を笑わせながら、簡潔明瞭・きっちりとしまりのある挨拶を五分間でされた。彼は市長を経験して随分演説が上達されたと感服した。祝辞祝電が披露されたが,司会者が何回も同じ名前が繰り返されていたのには,ちょっ違和感があった。原稿をチェックすべきではなかったかなと。
 木村繁雄京都府新政会会長の乾杯で祝宴が始まった。座席表に井上重典府会議員の名前がないので不思議に思っていたら,ちょっと手違いがあったらしく参加されて挨拶をされていた。谷垣衆議院議員は,祝電のみで,秘書の出席もなかった。
 我々の席はC席で,斉藤・土田・南田先生と同席なので退屈することなく、和気藹々と話しが弾んだ。私の隣に,友繁宏先生の奥さん友繁和代{市民参加の会元会長)がおられたので,旦那の昔話始めて聞く話などを聞く事が出来た。奥さんにも私にも上手に嘘をついていたことがばれた。後で後悔したのだが,市長選の苦労話を是非聞いておくべきであったと。
 幸い、橋本教育長と出逢う事が出来たので、,綾部高校校長岸田先生のことについて、しっかりとやっていただいているとつたえると同時に,綾部高校同窓会懇親会で、岸田校長。四方同窓会会長が意気投合され囲碁をされて一勝一敗であったと云ったら,そのことは聞いていなかったとか。
 祝賀会は九時に終了し,私は自家用車で家路に向かったが夜の道は走りづらい通りなれた道でも夜になると視界が狭まり昼のように全体把握が出来ないために方向感覚がずれることがしばしばある。このところで回るのだと早とちりして道に迷っうと,どこを走っているのか理解できない。力-ナビに頼るしかないが、私の軽自家用車には力一ナビが設置されていない。年は取りたくないものだ。(ご心配なく自家用車なので最初から酒は飲まずもっぱら烏うろん茶ですか-)
追記 誰かの祝辞の中で福知山高校に中高一貫校へ尽力されたと話された方がいられた。松山氏の母校綾部高校へのご尽力がなぜ無かったのか。府教委への忖度を最優先されたのか。それとも知事への忖度か。何時の日かお出会いする機会があれば、聞きたいものだ。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-09 09:29 | Comments(0)

人生哲学

人は大人になれば、この世に永遠なものはひとつもない。と言う無常感に突き当たる。大自然の営みには必ず終わりがある。人の命も例外ではない。人生を突き詰めれば,別れ、や 死と向き合わざるを得ない。どう生きて,については自分なりに生きてきた。どうせ人生は一度だけだ。出来るなら多くの経験をしたいという思いで生きてきた。どう死ぬか,私が市の教育委員をしていた時のことですが,同僚のS女史と,死ぬときに,ガン、と認知症にかかって死ぬのとどちらが良いかと言う話で、S女史はガンが良いなぜなら、認知症になって,あんたはどちらさんでなど,惨めすぎる。ガンであれば最後まで意識がはっきりしており醜態をさらすこともない。と、S女史自分の意思に反して認知症で亡くなられた。死も選択は出来ない御仏の意思に従順に従うのみか。この年にして、いまだに人生哲学を極める事が出来ず、あたふたと心穏やか成らずに生きている。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-06 14:53 | Comments(0)

猪戦線異状なし

ささやかな菜園作りが,老後の私の唯一の趣味である。と言うより,それしか能がない。日がな一日なにもすることが無く過ごす事はなど、到底私には出来ぬ事だ。頭がおかしくなる。幼少からずぅっとー農業に関わってきた。教職時代も,農業を手放すことはなかった。近所の人に,先生はいいね。夏休みがあるから農業も出来てーと皮肉混じりに云われたこともある。それにも屈せず農業をやり続けた。
 そんなこんなで,今もわずかな菜園で野菜作りをしている。が以前とは想定外とも云える事態が数十年にわたって発生した。猪・鹿・熊の出没による。いわゆる鳥獣被害である。稲作りも周囲を電気柵で囲わなければ猪・鹿に荒らされる。どえらい世の中になったものだ。野菜作りも周囲を電気柵で囲うか。メッシュで周囲を囲わなければ,見事に猪に荒らされてしまう。
 私は、メッシュで周囲を囲っている。ここ五年近くは猪に完敗だ。今年は猪の習性をつかみ丁寧に柵を補強した。猪に一度進入されると,如何に補強しても猪は必ず進入する。どこか柵の弱いところを探して進入する。なかなか賢い動物だ。今のところ猪に進入された気配はない。今年こそスイカ・マクワウリ・カボチャ・トウモロコシ等が収穫できると期待しているが,果たしてどうなるか。猪にはたまた進入されて敗北するか。
 今のところ、猪戦線に異常なしと言えそうだ。メッシュ柵より電気柵が有効である。が私はあえてメッシュ柵に拘泥している頑固者と世間の人に嘲笑されながら--
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-05 09:50 | Comments(0)

随想(自民党都議団惨敗)

東京都都議会議員の結果はマスコミの予想どおり都民ファ―ストの会の一人勝ち、自民党都議会議員は見るも無惨な惨敗だ。祇園精舎の鐘の音に諸行無常の響あり,おごれる者は久しからずを実践するかのごとく、自民党都議団の慢心と傲慢に都民の容赦のない鉄槌が下された。(私が傲慢と感じたのは,小池氏が知事に就任し挨拶に行かれたときの応対握手はしない小池氏が議長に一緒に写真を撮ろうと誘われても拒否する。少なくとも応対事例たとえ意に沿わなくても誘いに応ずるのが議長としての最低の礼儀だろう)議員団諸氏ここは正念場一念奮起いや臥薪嘗胆今後四年後の都議選に向けて真摯に唯ひたむきに都民のニ-ズをしっかりとつかみ,その実現に努力する事により都民の信頼を回復する以外に道はない。小池知事誕生以後の都議団行動に慢心はなかったか。猛省すべき時だ。折も折、自民党国会議員の失言や,愚行が報道され,悪い流れに追い打ちをかけられた気の毒な面もある。されど今回は都民からきついお灸を据えられた。議長・幹事長が落選では救いようがない惨敗だ。落選議員は慢心を戒め、傲慢を猛省して再起に備えられたい。
 反省は誰でも出来る。さるでも反省はする。議員活動・是までの自己の行動が都民の信頼を勝ち取ることが出来なかったのか。都民が付和雷同勝ち馬に乗ったのか。それとも自民党に対する痛烈な批判なのか。
 日本人の悪い癖付和雷同・大衆迎合に躍らされたのか。とにかく諸々のことをしっかりと反省総括されたい。再起を願う自民党都議会候補者は,今から四年後を見据えて都民のニ-ズ応えるカッドウを始める事だ。
 戦いすんで日が暮れて諸行無常の風に殲滅すれば、ひときわわびしさと無念さがこみ上げて,自分の愚かさをかみしめることになった。でもこのような状況を身から出たさびと一刀両断するには忍びない。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-03 10:42 | Comments(0)

世間話の中身は

陰口、むだぐち,差し出口---じかくのない世間話は恐ろしい。これが世間話の正体だ。と,兼好法師は云う。のべつまくなし語られる話は,人の噂と批判であって無駄話に過ぎずくだらないと切り捨てる。
 本当かな。中にはほほえましい話だつてある。しかし,悲しいかな世間話の大半はやはり陰口むだぐち・差し出口だ。我々俗世の中で生きている。人と話をせずに生活できるわけがないし,高尚な話ばかりでは息苦しい。無駄と思えるものにも効用があるわけで・世間話の一切を否定したら,人間関係がぎくしゃくする。
  愚痴なら許そう,陰口は許さない,この境目を心得ていることだ。陰口が始まれば,いない人の話は止めようよ。といえる勇気を持ちたい。
 でもさ,他人の不幸は蜜の味といって人間というものは,なぜか人の悪評を聞くと心地の良い気分になるらしい。つい好奇心をむき出して、へぃ-そうなのといっただけで,後日あの人もそういっていたと陰口の共犯者にされる。そういう意味では世間は怖い。 
 やめよう。といっても止めてくれなければ,その場を立ち去ることだ。
 自分が話す側にいる場合でも,どの人なら安心か。相手を見極めて話すことが大事だ。口が堅い信頼できる人でないなら,うかつに悩み事など云うべきでない。自分は愚痴のつもりでも,伝言ゲ-ムに見られるとおり多くの人の口を経ると陰口や誹謗中傷に化ける場合がある。後でそのようなつもりでなかったと言ってみても言われた方の不快感は消えない。世間話はせいぜい愚痴を云う程度にとどめておくのが賢明か。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-07-01 15:13 | Comments(0)

老いて求めるべきものは

兼好法師は、年取った人は、気力が衰え、心が淡泊で執着しない。感情的に動くことがない。心が自ずから静かなので、無益なことはせず,身をいたわって心配事が無く,他人の迷惑にならないようにと考える。---- 確かに年を取るにつれて気力は衰える。年を取って気力が衰えなければ化け物だ。化け物もたまに存在して社会に貢献している。心が淡泊で執着しない。とんでもない老いて益益執着心が旺盛になる。心が自ら静かなので無益なことをせず、いやいやこころが静かなことはなくあれこれ雑念に悩まされ翻弄されるから無益なことを繰り返す。身をいたわることは人一倍気遣い何事もネガテブしか考えられないから,あれこれと心配ごとに明け暮れる日を過ごす。他人の迷惑などどこ吹く風とあたり中に迷惑を垂れ流す。知っていることでも,もう忘れたよ。言えずむやみやたらな放言を繰り返し間違った発言しでかす。傾聴の姿勢などつゆほどもなく自己主張を頑固に言い張る。年寄りとは,一概に言えないが、そのような存在である。
 兼好法師は,老人としての理想像を云っているのではないか。そのような,老人になることを目指して日々過ごすべきである,少なくとも心がけだけは持ちたいものだ。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-30 09:26 | Comments(0)
都議選が告示されて、首都東京では都議会選挙で都議会の過半数を獲得を目指して激しい選挙戦が展開されているようだ。小池知事率いる都民ファ一ストが躍進するのか。今日の新聞報道では都民フア一ストが優勢であるとか。小池知事の意向を忖度する事しか出来ぬ小池チルドレンが都議選で勝てば首都東京は飛躍的に改革改善が進むのか。それとも混乱の始まりか。ご都合主義の政党や日和見主義の政党の宣伝に乗せられて都民が迷わされては大変だ。都議会で自民党と組んて豊洲移転を承認して移転に関わる費用も議決した政党がそのことの反省もなく、そのときそのときのご都合で姿勢を変える【信なくば立たず】の政治の理念はお忘れか。なんて思わせる政党もある。
 自民党も都議会第一党として理事者の提案する議案に対して公平公正な立場を堅持して監視権を行使してきたのか。都議会のドンに支配されて議員として是々非々の立場放棄していたのか。知事に審議の過程の不透明感を指摘されたり、都民の要望をしっかりと政策に反映しなかったことが問われている。都議会のドンが存在して議会を牛耳っていたとすれば反省して、二元代表制の趣旨を訴えて、この際謙虚に審判を仰ぐ事だ。 
 下村自民党幹事長代行が[都民フア-ス卜の会は、地方政治の二元代表制の否定でしかない。都政を壟断しイエスマンを作る独裁だ。】その通りであるが都民はそのことが理解できているのか。無党派層が二元代表制について理解を深めたならば、都民ファ-ストの会の候補者には投票する事は無いだろう。されど、二元代表制についての学習の機会は皆無ではないか。議会は、理事者・執行機関に対して監視権がある。たとえば、議会は、法令条例の規定に違反していないか。議会の議決した趣旨に反した執行をしていないか。その執行が予期したとおり住民の福祉向上に寄与しているか。かくのごときチェック機能が小池知事率いる都民フ7-ストの会議員が出来るのか。出来る訳がないだろう。都政を壟断しイエスマンを作る独裁だ。と批判さて反論出来るか。議会は批判監視の府である。政治は批判によって成り立つ、批判のないところに、政治の公正社会の進歩はあり得ない。そのことを理解していながら小池知事は、都民フアストの会率いて都政のドンになろうとするのか。
 あえて云う。二元代表制について都民が学習する絶好の機会だ。都議会議員候補者は二元代表制の趣旨を徹底的に訴えて都民の審判を仰ぐことだ。さりながらー都民の審判の結果には意義を唱えることなく謙虚に受け入れるべきだ。それが民主主義だ。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-26 12:03 | Comments(0)
昨日は舞鶴地区が幹事で府立学校中丹0Β会があり参加した。会員総数61名中出席者は36名であった。当日出席者のなかで年齢が二番目の高齢者になった。されど、元気に出席出来る幸せを甘受する。この会は、本来京都府全体の府立学校0Β会は毎年定期的に5月第二土曜日に開催されるが、それらに参加出来なかった人達との交流をする為に先輩が開催されたと聞いている。確かに京都で出会えなかった人達の顔ぶれも多く見受けられる。顔見知りの顔が見られないと、一抹の寂しさを感じるが、出会えればほっと安心する。この会は、現職の校長さんから学校の近況報告を聞く事が出来る。今年は二校の校長がいろんな事情で出席出来ず近況報告を聞く事が出来なかったのは残念であった。現職校長さんも代替わりがして、知らない人が年々増えていく。それだけ自分が齢を重ねたと言う事であろう。ちょうど私が現職の時に新卒として学校に赴任した人達が管理職に成っている。また、中学校から府立学校へ希望している人を府教委に内々面談して、それがばれて、お叱りをいただいた人が管理職になっている。その年代だ。やがては、あなたはどちらさんでーそのような言葉を言わなければ成らない事態になれば欠席をせざるを得ないだろう。
 さることながらー健康な限りは出来るだけ人中に出かける事を心がける事がとりもなおさず自分の精神衛生のためには必要不可欠であると認識している。話題は、出席者の最高齢が80半ばから61才までの人達であるから、千差万別様々な事が話し合われる事になる。我々高齢者はまずもって、多くの人達の話を傾聴・共感・受容の精神で聞く事が大切だ。自分の意見を強調するなど愚の骨頂だ。とあらためて自覚する機会でもある。土田・吉川・友繁先生達はともに府立工業の改革改善で一苦労もふた苦労もした仲間達だ。出逢えば昔話で盛り上がる。
 吉川先生がら、思いがけない、いいお話が聞けた。綾部選出の四方府議のことが、舞鶴地区を中心に発行されている小冊子に顔写真入りで、有言実行の人である。と賞賛していたとのことだ。誠に適格な人物評価であると感心した。中丹・丹後一円で有言実行の議員と言えば四方府議と名前が知れ渡る議員に成長されることを願う。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-25 10:19 | Comments(0)

主権者教育

選挙権年齢の引き下げにより高校三年生に選挙権が与えられた。そこで、高校三年生に対していかなる主権者教育をするべきか。高校の課題の一つだ。私は、高校生に対する主権者教育は、二元代表制について徹底した教育をすることであると提案したい。大坂では維新ノ会の代表が松井知事であり、また。東京都議会議員選挙に対して、小池知事が都民ファ—トの会の代表に就任して選挙が行われている。
 二元代表制の主旨から云えば知事が議会の政党の代表に就任することが妥当なのかどうか。議会には行政に対してチェック機能があるわけであるが、知事が議会の政党の代表であれば、果たしてチェック機能が十分に働くのか。はなはだ疑問である。高校生に二元代表制についてしっかりと学習させれば、賢明な有権者となり、知事が代表を務める政党の候補者などに投票する訳がない。
 この頃盛んに二元体表制を主張しているが、あなたも議員であったのだが、二元代表制の主旨をしっかりと理解して行動していたか。と知人から叱責された。  お恥ずかしい次第であるが、私は議員になったころ二元代表制についての理解が不十分であった。と弁明せざるを得なかった。だから、二元代表制について有権者が正しく理解する事によって、理事者にイエスマンの候補者やら、理事者に推薦状をもらった候補者に投票する愚かさは皆無になる。
 高校の主権者教育は二元代表制をしっヵりと学習させることにより候補者を選ぶ賢明な有権者になり得る者と断言する。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-23 19:46 | Comments(0)

風の行くへ(大坂へ)

今年は空梅雨とも言えそうな天候が続きますね。昨日は、孫娘が今年学校を卒業して大坂に勤め始めました。孫娘が食事に誘ってくれたので、家内と一緒に大坂へ行くことにしました。息子の車で篠山口まで行きそこから電車で大坂に向かいました。息子は宝塚駅で下車して神戸に落語を聞きに行きました。孫娘とは大阪駅で出会うことにしました。便利な世の中で携帯で連絡を取り合って場所を確認することが出来落ち合いました。 
 孫娘の勤務先は大阪駅の真迎えビルだそうです。孫娘の案内で食道で昼食を取り、孫娘のマンションに行くことにしました。大阪駅から阪急電車で岡町駅で下車して徒歩4分でマンションに着きました。家賃7万円のマンションで、台所以外はおのおのセパレイトの洗面所・便所・風呂衣服の収納場所があり、それ以外がワン儿-ムにっている。そこでしばらく休息を取り再び大阪駅に戻り、大阪駅から新快速に乗った。超満員のすし詰め状態である座る場所が無いかきょろきょろしていたら、若い女子がどうぞと席を譲ってくれた。
 京都駅に娘が来てくれて、寿司やお茶の差し入れをしてくれた。今年大学に入学した孫娘にも出逢うことが出来た。京都駅4時25分の特急で綾部駅に着き家に帰ったのは6時前であった。7時過ぎに娘から父の日プレゼントが届いた。
 何とも慌ただしい父の日の一日であった。大阪駅で雑踏のなかをさまようと、とてつもなく疲れるような感覚に襲われる。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-19 10:31 | Comments(0)

理想像

皆さんお久しぶりと挨拶をすれはいいのでしょうか。
 ある高校ての話です。政治経済の講座でのことです。教師が【生徒諸君が考える理想的な官僚とはどのような人ですか。】と尋ねたところー【任官中は、面従腹背を座右の銘とし、出会い系バァ-・ノウパンシャブシャブに出入りをする胆力を持ち、他人からその事を指摘されると貧困家庭の女子の実態を知るためであると強弁し反省する姿勢など微塵もない器量を持つ。さらに、退官したら、守秘義務などおそれずに、マスコミにネタをうりこむ度胸のある人である。さらに、有力者の口利きには徹底して忖度が出来ル人】とこたえたそうな。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-13 12:59 | 教育・学校 | Comments(0)
田舎の親父がいまさらぼやいてもせんないことであるが、なぜかぼやきか愚痴が口について出る。過日ブログでも書いたが、小池氏の都民ファ—ストの会代表に就任された、都民フア—ストの会が、かりそめにも、都議会で多数を占めるようなことになれば、それはまさしく議会の自殺行為に値する。都民が二元代表制の法意をしっかりと理解されなかった結果だと言いたい。小池氏が都民ファ-ストの会代表に就任された手法に対して、元宮城県知事浅野史郎氏は不健全であると断定して以下のように批判する。 
 二元代表制の地方自治体では、知事・都議会はおのおの独立した存在で、議会全体が健全野党として知事をチェックするのが本来の姿だ。この二元代表制の下で、ファ-ストの会は小池都政へのチェック機能を果たせるのか。同会は公約で都政最大の関心事、築地市場の豊洲移転について知事の立場を尊重するとうたっている。小池知事への白紙委任宣言である。都議一人一人のは何万人もの有権者の代表である。重要な責務を担うべき政治家集団が、科学的に安全な豊洲市場への移転さえ自ら決められず、小池氏に従うというのか。都民ファ-ストノ会の候補者は自ら考えられないのか。
 小池氏は自民党政治を忖度政治と非難した。だが、彼女の都民ファ-ス卜の会こそ知事の顔色を見る忖度と議会ではないか。とーー全くその通りで有る。有権者であるのみなさん地方政治は二元代表制である事をしっかりと考えてください。それにしても、摩訶不思議なのはマスコミがこの二元代表制の立場から小池氏の都民フア—ストの会代表就任を批判しないのはなぜなのか。小池氏に何を遠慮しているのか。290万票に恐れを成しているのか。追従しているようで情け無い。
 民主主義は最大の欠陥は愚衆政治であると批判される。有権者が賢明に成らなければ民主主義政治の健全な発展は望めない。民主主義にかわる政治制度は現在ない。唯だ選挙民が賢明な選択眼を養うことでしか健全な民主主義政治は実現できないだろう。
 教育現場で政治教養を如何に学習すべきかが課題である。まずは、二元代表制についてしっかりと教えることから始めるべきか
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-05 09:48 | Comments(0)

名前

名前を自分で決めた記憶はない。たぶん親が決めたとしか考えられぬ。なにいってのー親に決まっているよ。そうだよなあ-でもさ親は子供の名前を考える時、子供の未来に幸あれーとの思いをこめて考える野だろうなーあんたも子供が出来たとき名前をつけたけいけんがあるだろう。どのようなおもいをこめて名前をつけたのー将来の幸せを願って、かくあれーとの思いをこめて考えた。当たり前だろう。私も親に名前の由来を聞いたことがある。その答えは、立派な将校軍人の名前からだとか-昨今はマイナンバ-迄政府が決めてくる
 いやね。死後は仏教徒であれば戒名を住職が決めることになる。せめて、一度ぐらい自分で名前を考えてみたいものだ。幸い戒名は自分でも考えることが出来る。だから、戒名は自分で考えて住職にお願いしてみようと考えているのさ。どんな戒名を考えているかって--そりやー発表してもいいけど、
 名前も時代の流れに従って変遷していくようだ。以前は女子はほとんどと言っていいくらい知子祥子幸子など子のつくことが普通であった。また、昭和一桁時代の一時期男子は一字の名前が多かった。
 自分で名前がつけられル事もある。芸名・ペンネ-厶などはその例だ。私の母親時代は嫁に来ると名前が変わっている人が多くいる。勿論戸籍名を変える事は出来ぬがーー私の母親などは戸籍名はキクノであるが美佐子と名前替えている。近所でも、私の知る限り、戸籍名はうめ通称芳枝・貞子・みつる・時江・美恵子・千代子・美智代など嫁に来て名前を変える人が多くいた。さて、自分の名前に満足感を抱いている人は何人いるだろう。悪太郎・悪魔なんて名前をつけた人もいる。何考えているのかと詰問したい。
 ーあんた今名前を変えるとしたら、どのような名前を考えているのーと問われても、親からもらった名前を大切にしていきたいと考えているよ。
 私が遠い遠い昔の教職時代に聞いた話なのだがー自分の子供には、真・善・美から一字を取って考えたいとおもっていた。唯、女の子が生まれなかったので美子(よしこ)という名前はつけられなかったとさ。
 (真・善・美とは哲学者プラトンの言葉で、真は認識上の真・善は倫理上の善・美は、審美上の美であり、人間の理想として普遍的妥当な価値を云う。)
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-03 13:44 | Comments(0)

暴言

決められない知事小池氏が地域政党都民フア-ストの会の代表に就任されると言うことだ。都民フア-ストの会から立候補した都議会議員は、小池知事のイエスマンか。小池知事が提案する議案には無条件に賛成するといっているようなものだ。二元代表制を冒涜するものだ。批判監視無くして何の議会か。議会の批判監視の権利を放棄するに等しい。世の評論家には社会に執着する考えがないから第三者として冷静な態度で批判し、そこから正論が生まれる。住民を代表する議員もこのような姿勢をしめしてほしいものだ。二元代表制で構成される議員はあくまで住民の福利厚生の向上の視点から議会で討論する姿勢を堅持して、本来本来是々非々の態度こそ議員の信条であるという自覚をもつべきだ。地方議会に与党野党と言う概念があってはならぬ。
 小池知事は、地方議会の二元代表制についていかなる見解をおもちなのか。公正な行政を確保するための監視力が議会には求められいる。地方自治法では、検査および監査請求について、議会の監視権を規定している。
 議会は当該市町村の事務に関する計算書や書類を検閲し、又、市町村長をはじめ教育委員会、農業委員会など各行政機関にに報告を請求して、事務の管理状況、議会が議決した事務の執行状況、さらに出納検査行うことが出来る。さらに、議会は監査委員に対して当該市町村の事務に関する監査をもとめ、その結果を報告する事が出来る。かくなる自治法98条に権限が規定されているが、はたして、都民フア-ストの会から議員がやれるのかと危惧する。粛々と条例法令に基づきやりきると言われれば反論の余地はないが。
 私は、何より有権者が二元代表制の法意を適格に理解することこそ喫緊の課題である。地方議会の議員選挙で、首長の推薦がかければ、議員としての能力がないかのような錯覚をしている有権者が大半を占めている。首長推薦を受けて、応援演説を受けて当選した議員が、首長の意向に真っ向批判する事が果たして可能か。まれには批判する議員もおられるかも知れぬがきわめてまれなる事例と言いたい。有権者は、自分たちの福祉向上のために真摯に努力される議員を選ぶ義務がある。
 議会の使命はなにか。端的に言うならば、すべて納税者の立場にたって監視することに尽きる。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-02 13:40 | Comments(0)

異論・暴論№2

森友学園問題・加計学園問題と野党か゛安倍政権を攻撃批判する材料に事欠かず重要法案の審議をより政権の不祥事を鵜の目鷹の目で暴こうと必死であがいている。かって、民進党政権政治主導を金看板にしていた政党が、野党に成り下がればといえばいいのか、それとも政権批判の為ならば政治主導の金看板をかなぐり捨ててしまうのか。野党であれば政権を批判し政権交代を目指す為には、過去に主張したことなどかなぐり捨てて涼しい顔して暴露戦術に明け暮れる。これも、民主党政権の時であったか、習国家主席を天皇陛下に会わせるために、当時小沢氏(民主党の幹事長であったか記憶が定かでないが)宮内庁の100日条項を無視して強引に天皇陛下と会見させたことがあった。また、その言いぐさがふるっている。天皇陛下の国事行為は内閣指導と助言に基づく事になっている。即ち法令、条例に基づいているのだと強調した。昨今森友学園、加計学園問題いずれも安倍総理の意向に基づき本来公正公平であるべき行政がゆがめられている。と野党は批判しているが、ならば条例法令に違反してすすめられたという確固たる証拠を示すべきではないか。文科省の前川喜平前事務次官が行政がゆがめられたと発言していたが、ならば官僚の最高位者としての矜持があるならば、なぜ次官在任中に自分の職を賭して諫言しなかったのか。。辞めてからの言辞は噴飯者だ。前川氏自身も文科省の天下り問題の責任を取って次官在任わずかで辞任に追い込まれた事に対する意趣返しなのか。出会い系サイトとはどのような場所なのかは知らぬが、官僚のトップが出入りすることが適切かどうか、という判断も自分では出来なかったのか。官僚も頭脳は優れているかも知れぬが正義の為に何を成すべきか。行政の公平公正がゆがめられる事態になれば身体を張って阻止し諫言する器量人や(世のため人の為に尽くす否・国家のために)という判断能力が無い人が存在する事を憂う。政治家の中にも多数の上にあぐらをかいて暴言を吐く人もいるから、官僚ばかりを責めるわけには行かぬかも知れぬが--
 権力によって収集された情報を基に報道機関にリ-クする事があれば泥仕合になる。撃ち方止めと言いたい。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-06-01 10:45 | Comments(0)
昨日は、恒例の府立学校校長0B会がルビノ堀川で開催されたので参加した。総勢120名の参加である。
  毎年欠かさず参加しているが、知人が年ごとに減っていき、席順が上位になる。知人が少なくなることは、寂しい限りだ。ふと来年参加出来るだろうかと心細くなる。年は取りたくないものだ。
 総会の開催時刻を間違えていたらしく、私が出席したときにはすでに始まっていた。遅く会場に入った者だから、あいている席が見つからずぼぅーたっていたら、中島先生が、先生どうぞと席を譲ってくれた。彼とは、定時制の時の同僚である。その気配りに感謝する。
  宴会では、当時の人事主事と酒を酌み交わしながら思いで話に花が咲く。当時の私である怖い者知らずで随分無理なことを要求したが、そのことを根に持たずさらりと受け止めて私の席に来てくれる。ありがたい事だ。
 当時綾部高校の校長であった小林君と相席である。小林君曰く。やはり制度を変えない限り進学は向上しない。今年園部高校は京大に3人合格した。園部高に中高一貫校の設置が基礎になった。中高一貫校の設置も政治力による。その意見に全く異議なしだ。
 行政はどこかで圧力をかけないと動かない。その圧力の根幹は政治力だ。政治力のある政治家を育てるのが我々のつとめだ。
 細野指導部長は小林君が担任した生徒である。小林君や荒川君と細野指導部長の話をしている最中に細野指導部長が席に来られた。荒川君がくしゃみが出なかったかと冷やかす。細野指導部長には過日の会議お礼を言いながら、随分ぶしつけなお話をしたがと言うと、母校を思われる地元の熱い思いをしっかりと受け止めさせていただいた。かって聞いたことがない理解あふれる言葉に感激だ。 綾部高校改革改善に全面的に理解してくれる人が始めて現れた。
  京都市の桝本市長の母校は確か堀川高校であり、現市長大作氏の母校は西京高校ではないか。出身校の活躍が誇れる学校で有って欲しい。此の事はトップとしては共通の願いではないか。
 しかし人間いろいろ母校の発展なんて意に介さないトップも見かけるがーー。
 綾部高校の前校長が役に立たず申し訳ありませんと言って席に挨拶に来てくれた。私はこのブログであしざまに批判しているが、そのことを気にせずいやな奴ほどその懐に飛び込むことだと言う事を実践している。なかなか見応えのがある男だ。
 ブログで少し批判をすると物議をかもしたと大騒ぎをして、あちこち告げ口する小心者もいるが--そんな男を認めるようなトップがいるだろうか。
追記 勝間会長が席に来て、綾部高校の進路指導アドバイザ-私がセンタ-でしているのでよろしくと頼まれた。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-05-14 10:26 | Comments(0)
昨日は、四方府議主宰の綾高改革プロジェクト2017の会議が綾部高校であり参加した。府教委からは、細野指導部長・相馬高校改革担当課長・大江高校改革担当指導主事・学校からは、岸田校長・湯川副校長・伊藤事務部長・私達のメンバ-は、四方府議・高崎市民新聞社長・梅原元綾部中学PTA会長総勢10人である。平成23年から現在までの取り組みの経過を四方府議からあり、それぞれが意見交換した。大学進学の序列化がなされていないか。高校五原則について、現状では抜本的な改革が提起されない限り綾部高校で進路実現が達成できると言うという小中学生保護者の理解が得られない状況になっている。当面府教委としては、進路支援としての非常勤講師の配置・国語・英語・数学に10時間 指導主事派遣による学習指導に関するアドバイス体制・進路指導アドバイザ‐派遣が提起されている。岸田校長からは、特進コ—スのネイミングを変更する事が出来るのか。推薦入学枠の拡大について、たとえば、農業科から・体育系から・予備校講師による学習指導が可能か。進路分析デ-夕-が存在しない。という学校側の説明を聞いて驚いた。特に大学進学指導は、何を根拠にして指導していたのか。唖然として言葉が出ぬ。これを杜撰というのか。前校長が市民新聞で国公立大に20名は合格させると啖呵を切っていたが、何を根拠に言ったのだろうか。進路分析デ—タ—の作成も指示しなかったのか。さらに、私達への応対は常に斜めに構え素直に聞く姿勢は無かった。
 ところが、岸田校長は我々の意向もしっかりと受け止めて、国公立大合格を二桁台に乗せる努力をされている。岸田校長のリ-ダ-シップに期待をし出来ル限りの支援を惜しまないと言う会合であった。高崎市民新聞社長が終わりに一言これまでにないいい雰囲気だ。と感想を述べられた。
[PR]
# by ayabemorinaga | 2017-05-12 12:38 | Comments(0)