綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

カテゴリ:綾部( 2 )

風の行くへ(講演会)

一昨日西田昌司参議院議員の講演会が綾部自民党支部の主催で開催されたので参加した。講演内容の詳細については、四方府議・安藤議長が自らのブログに書かれているので割愛する。西田議員のお話は、いつ聞いても聞き応えのある内容だ。そして、さわやかな弁舌は聴衆を魅了させる。物事の本質を適格にとらえて、解説されるからよく理解が出来自分なりに納得する事ができる。さらに、議員としての信条は一本筋通っているし、着眼点も見事だ。政治課題の本質をものの見事に指摘される。北陸新幹線は、2022年度金沢から敦賀駅までの新区間が開業する予定になっている。敦賀駅から先については、与党の検討委員会が建設費や所用時間、経済効果などを分析して、2年以内に結論を出す事になっている。その検討委員会の座長に西田議員が就任される。検討委員会の委員は省庁からの官僚は入れずに、与党・都道府県連会長が就任することに、稲田政調会長と協議された。新幹線ル-トについては、たとえば、敦賀駅より舞鶴を通過するのであれば、京都府知事の了解が必要になる。舞鶴から京都さらに、大阪(天王寺)から関空へとなると大阪府知事・大阪市長の了承が必要になる。新幹線ル-トを決定する前提として、府県知事・JR西日本の理解が必要不可欠の条件らしい。北陸新幹線の延伸ル-ト敦賀から舞鶴を経由して京都-大阪「天王寺)ー関空・関空から四国を縦断して熊本へというのが、西田座長の将来構想だ。。安倍首長・稲田政調会長・谷垣幹事長としつかり連携をして、実現に向けて努力をしたい。ということであった。未来に向けて、国民に夢を与える話・いや夢でなく実現に向けてご尽力を賜りたいと心から念じた。西田議員の行動力・実践力に期待している。是非舞鶴ル—ト実現にご尽力をお願いしたい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2015-11-10 15:10 | 綾部 | Comments(0)

なるほど

NHKTVのきわめびとを視た。よく使う言葉で、やる気があれば--できる。できないのはやる気がないからだ。と言う事がある。とくに親が子供に向かって使う言葉だ。ところが、出来るからやる気が起こるのである?出来なければやる気は起こらない。まさに至言である。その通りだ--勉強特に数学なんて出来なければ、やる気などゼロだ。分からないのにやる気などおきるはずがない。ダメな子供など一人もいない。ダメな子供にしているのは、指導者(教師)がダメな人間なのだ。そうだろうんな--私も高校生時代に数学が苦手であった。高校二年生になって数学の教師が田中先生から小原先生に代わったとたん数学が分かるようになり数学が好きになった経験がある。子供をダメにしているのは教師に指導力がないからだ。そのような教師に限って、自分の指導力のなさを棚に上げ子供の理解力の不足と能力を問題にしている。子供にやる気を起こさせるには、まず出来るという教科指導技術を教師は研鑚すべきであろう。子供に分かる教材研究をそっちのけにして、管理職試験に血道を上げている教師はいないだろうな---教師の本分をわすれちゃ-この世はなんと言えばいいかな--
[PR]
by ayabemorinaga | 2015-04-05 16:53 | 綾部 | Comments(0)