綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2010年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

定義

昨日言葉の定義づけが大事でないかと言ったことを記しましたが、言葉を定義づけてお互いに討論をすれば、結論は速やかに出す事が出来るが、お互いが自分勝手な言葉の解釈で議論をすれば果てしなく議論が続き結論に到達するのに時間がかかる。法律を学んでおられる方は充分承知されていると思うが、法律ではすべての言葉を定義づけている。たとえば民法では、物とは、有体物を言う。と言ったように、あるとき、隣人の家から、コンセントを差し込んで電気を盗んでいた人が、窃盗罪で起訴された。隣から電気を盗んでいた男は電気が物とは知らなかった。物とは何なんですか。とすっとぼけて聞いたそうな。窃盗罪が成立するには、物を盗むことであり、物とは何かと言った定義付けが必要になる。民法に物とは有体物を言う。さらに有体物、無体物とは、いかなるものかを定義づけている。それでは、電気は物なのか。電気は我々の目に触れることはないが、人間が制御する事が出来る故に物であると定義している。故に電気を盗むことは窃盗罪になる。というようにすべて言葉を定義づけて理論構成を行う。建設的な意見、否定的な意見、で有ろうとはじめに言葉を定義づけて議論、討論をすれば、論旨の違いが明らかに成り、口角泡を飛ばす議論も必要ないでしょう。難しい事柄に挑むときは、お互い言葉をはじめに定義づけてかかることですね。                       ご指摘ありがとうございました。しっかりと調べて書くことの大切さを教えていただきました。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-30 11:51 | その他 | Comments(0)

総合的判断

この頃やたらと、総合的判断という言葉が言われている。官房長官が中国人船長の釈放は、検察の総合的判断である。また、前原大臣が、衝突ビデオを公開については、総合的に判断する。等々、総合的判断という言葉について、私自身の見解を言わせていただければ、ある事柄について指摘されたとき、相手に明確に理解させる手段がないというか、説得しても理解していただけるだけの根拠がない場合に、言うなれば逃げ口上として、総合的判断と言い逃れに終始した苦い経験がある。具体的事実については、守秘義務が有るので明らかに出来ませんか゛、仙石官房長官、前原大臣が、どのように理解されて総合的判断と言っておられるか知りませんが、私の場合は、相手に説明しても、理解をされることは不可能であるそのことは私自身も能く理解しておりましたから、総合的判断ですといって言い逃れをしたという恥ずかし過去があります。総合的判断と言われれば、いかなる根拠を持って総合的判断をしたのか、総合的判断と言う言葉の意味を定義して言うべきではないか。私は、総合的判断とは、斯く斯く然々と理解し定義づけています、と。そうでなければ、見解の相違であると言って逃げられるだけである。私も職員会議ではよく見解の相違であるといって、論点をはぐらかしてきた暗い過去がある。みなさんは総合的判断についての認識は、否定義付けはいかがですか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-29 08:49 | その他 | Comments(0)
社会生活をする上で大切な事はいろいろありますが今回は、謙、即ち謙虚、謙譲。自分地位や能力などを鼻にかけて人を見下さないこと,偉ぶらないことを言う。次は寛とは,寛容、寛大、包容力を指している。さらに言えば,目くじらたてて人をとがめないこと。りーダなら部下の意見によく耳をかたむけるという事ですね。さて,次は信、信とはウソをつかない約束はしっかりと守る。信を守るためには発言を慎重にすべきである。何事も安請け合いはしない。そんな事あなたに言われなくてもよくわかっているよ。何を今更白々しく言っているの、イヤ、あのね、過ぎたるは及ばざるごとし、言うではないか。たとえば,謙これが極端になるとやたらへいこらお辞儀ばかりして卑屈になりますね。それではいけないのであって,謙虚でありながら,毅然としている。このレベルを目指したいものですね。それから寛、是が極端になると人間に締まりがなくなる。とくにりーダ-の場合組織管理に甘さがでて舐められる恐れがある。も一つ、信にしても、これに囚われすぎると、人間こちこちになって融通が利かなくなる。何事も極端過ぎるのはよくないバランスが大切ではないでしょうか。と言いたかっただけーーわかった。?そんな事はよくわかっているよ、今更あんたに言われなくても、あんまり偉そうな事いわないの、この頃少し出しゃばりすぎじゃん。そう、あんた隠居したんでしょうが、隠居のつぶやきにしては少し言うことがすぎはしないか。ハイハイ、よくわかっているのですが、悪い癖が直らなくてね苦労しているのですよ。わかってくれる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-28 11:09 | その他 | Comments(0)

性善説

中国の古典で性善説の立場に立っているのが,孔子、孟子の教え、即ち儒教である。それに対して、人間は信用しがたいいきものである。として性悪説を主張しているのが韓非子という古典である。日本の社会は性善説の上に立って運営されてきたと思う。我が国の憲法にも、諸国民の公正と信義に信頼して、--戦争放棄を謳い上げているではないか。憲法も性善説に期待をかけているといえよう。性善説が悪いとは思わないが、特に利害が絡む外交交渉の場では、こちらが誠意を持って誠実に対応しても、こちらの誠意を相手が素直に受け止めてくれる保障はない。お互いに人間を信頼していこう、信なくば成り立たないというスタンスを政治家は堅持すべきである。。最近の中国の姿勢を見ていると性悪説の厳しい社会と言うのか、国に成っていると思われてならない。今の中国の外交姿勢は、韓非子流の立場に立っているのだろうか。孔子、孟子の儒教の立場を捨てて。ところで、韓国は儒教の教えが徹底しているとか聞くが、外交はどのような立場で行っているか、やはり国益第一だろうな。性善説、性悪説に囚われることなく。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-27 07:32 | Comments(0)

智械機巧

智械機巧とは、人を引っかけたり、陥れたりする策略や権謀術数のたぐいである.菜根譚によれば、それは一応心得ていても、こちらから使わないのが立派な人物だという.そんなの当たり前ではないか、と言われるでしょう.ところがこの言葉のミソは、知っていても使わない.と言うところにあります.確かに人を陥れるような汚い駆け引きは、使わないで済ますことが出来ればそれが望ましい.だが、知らないでは済まされない.こちらが使わなくても相手が使ってくる事も有る。それを心得ていないと、相手の仕掛けに簡単にはまってしまう.これではリ—ダ-失格である。智械機巧のたぐいを心得てかかることもリ-ダ-の大事な条件の一つである。正しこれを使いすぎると,策士とか寝業師なとど警戒されてどうもイメ-ジが悪くなる。また、へたにつかうと、ズブ-ラメンのように我が身に跳ね返ってくる恐れもある。世の中は権謀術数渦巻き人を陥れるような汚い駆け引きが行われることが有る。そのことはしっかりと知っていても,それを使わないですむ人物であれ、また,人に仕掛けられてきても,それにはまらないだけの器量人であれ。誠心誠意、誠実一路で世の中が渡れるのであれば,それていいのだが、時には汚い仕掛けと知りつつも,あえて知らぬふりして乗っかかり,相手の懐に手を突っ込み,魂胆を引きずり出すのもいいのかな。なぜ、こんな言葉を取り上げたのかと言えば,中国の歴史を見れば,あの国の政治の世界は足の引っ張り合いなど日常茶飯事、権謀術数渦巻く世界であった。この事情は現代でも同じようだ。昨今の尖閣諸島を巡る問題で中国と日本の対応を見ていると、中国に智械機巧を仕掛けられて,日本はなすすべもなく,相手の仕掛けに簡単にはまってしまった。日本が,智危械機巧を知らなかったのか。日本のリ-ダ—は真面目すぎるのか,真面目はいいがそれでは余りにも頼りない。日本の政治家や官僚も智械機巧の手口ぐらい心得ていてほしいものだ。私などが評論,批判する立場ではないが、全く情けない。の一語に尽きる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-25 18:31 | その他 | Comments(0)

神用語

以前にもこのブログにアノ、ナニ、アレとってくれると言ったらすぐにわからないような家内では困ると書いたが、老人が若者に、ホレ、アノ、ナニをアレしてくれる。あのナニを--なんて言いですと、こりやおかしいぞ、認知症がでてきたぞと断定する向きがある。落ち着いてゆっくり聞けばわかる話でも認知症が出ていると決め込んでしまうとわからなくなる。また、老人の方でも聞く者の態度にいらだって、言葉がなめらかにでない.アイヌの人達は、老人の言葉だんだんわからなくなると、老人が神の世界に近づいていくので、神用語を話すようになり、一般の人にはわからなくなるのだと考える、とのことである.老人の言うことがわからなくなった時に、おや、認知症がでたのか、受け止めるのと、うちのおじいちゃんもとうとう神用語を話すようになったと思うのでは、老人に接する態度がずいぶん違うだろう。ひとは人と人とのふれあいの中で生活をしているのだ。心はいずこにと言われるような心のこもらない態度、してやっているのだと言った老人に対する行事など嬉しくもない.もっと日常生活なかで、心のこもった態度や、いたわりの心こそ大切であろう.アイヌのひとが考えたと言われる神用語を話すようになったのだ、と言った優しい心遣いを我々はまなぶべきである。まなぶだけであれば、誰でも出来る なるほどとおもったら、即、しっかりと実践する事で誠意は必ず相手に伝わるものである.自分で学んでこれは世のため人の為になると、納得した事柄は実行実践で示すことが何よりだ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-23 06:35 | Comments(0)

心はいずこに

死期が近づいてくることを知りつつ,ベットに寝ている患者さんは,看護士さんが病室に入って,検温の結果を聞きに来たり,様子を聞いたりいかがですかと尋ねても,心は部屋の外にいるままなのです。心が部屋の外にあると言うことは,あまりにも仕事でやっているという感覚で,心がこもっていないということだ.即ち慈愛の心にかけている。それに対して,ある看護士さんは,その人が部屋に入ってくると,ほんとに,そばにいてくれる,と感じる。つまり優しさを感じるわけだ。外見は何も変わったところはないが、その人の心がどこにあるか,寝てばかりいる人には,よくわかるそうである.我々は外見や言葉によって人を評価しがちであるが。なれど、死が近づいた人は,真実がそのまま見えるらしい.その人の心がどこにあるのか,ちゃんと見えるらしい.いかに美辞麗句を並べられても,心がこもっていなければ,聞かされている方も,虚しい想いがするものだ。人に接するには誠心誠意という事があるが,その通りである.かりそめにも心ないことなど人に言うべきではない。私たちは,案外気楽,心から何何しますなんて言うことを言っているが、ほんとに心がこもっているのか.単なる外交辞令か,リップサビスで言っているのか.しっかりと見極める事が必要かも。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-21 11:00 | その他 | Comments(0)

意地悪で意地っ張りな人か゛,あるときから急に優しくなってきたり、何かをしてあげるとありがとう。今まで言った事がない礼を言ったりし出すと,まもなくなくなってしまうという事がある.憎まれ口世にはばかると言われるように,人様に憎まれ口を言っている間は長生きするものである.急に優しくなると言うことは佛に成るのだと言った人がいるが,なるほど納得が出来る。私の母親なんかも、長い間自分の年金はしっかりと管理していたが,あるとき、年金通帳も,預金通帳もわたしたことがあったが,しばらくするとなくなってしまった.ある程度歳をとれば,自分の死期がわかるのだろうか。それはさておき,時には,死ぬ寸前まで悪態をついたり嫌みを言う人もいるではないか.と反論したい方もおられるでしょう。それは,本来佛に成られるところが,何かの間違いでオシャカに成られたのでしょうな.人間やっぱり死ねば佛に成りたいでしょう,成仏という事が言われているとおり--仏教徒である人達は--私などは佛にもなれず、さりとてオシャカ,にもなれず、鬼仏でしょうな。まあ,鬼仏になれただけでも上等ですよ。鬼が頭についても,佛には成られたのですからーーなんて嫌みなことはご勘弁を
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-20 10:52 | その他 | Comments(0)

旬ある人とは

将来大を成すような人は、学生時代からどこかいびつであって、イガイガ・トゲがある。イガイガトゲトゲが有ると言うことは,その人の中にまだ充分成長していない芽がたくさん植え込まれていると言うことで,それが体の中で均衡がとれていない.つまりできあがっていないのです。人間にも旬というものがある。旬とは遅すぎても早すぎてもいけない.いかなる地位についても就くべき時がある.それが旬というものである。人間イガイガ卜ゲトゲがある間はまだ旬がきていない証拠である。組織に属する人達が役職に就く時期について、誰が見てもなるべくしてなったなと万人が認めるときが旬であろう.万人が認めなくてもおおかたの人がそれが順当であると納得する。それが人間の旬というものである。果物で言えばほどよく塾した食べ頃の果物が旬であると言われているようにな。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-19 11:53 | 物部 | Comments(0)
今の世の中でかけているものは、相手が聞きたがらないことを、あえて発言する姿勢がないと言うことでしょう。イギリスの作家ジョ‐ジ・オ-ウェルは言っております。もし、自由に何らかの意味があるとすれば、それは相手が聞きたがらないことを相手に告げる権利を指すのである。ところが今の世の中では、相手のいやがる事を言うのがタブ-になっていないだろうか。現在どのような職場でも何か発言しなければ成らないようなときに、どのように言えば当たり障りがないかを考えて発言していないか.難しい事を頼まれたとき、相手に不快感わ与えずにno ということも難しい事でありますが。いかなる立場の人であろうと、言わなければならない事は、相手が聞きたがらないことでも、躊躇せず言うことが出来る人になってほしい。たとえ、相手が権力を持った人であったり、天狗になっている人に対しては、相手が聞きたがらないことを、あえて、しっかりと言う勇気こそ、人助けであり、世直しである心得て毅然とした態度で、ひるまず、恐れずいえる人間になれ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-09-17 07:16 | その他 | Comments(0)