綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

祈り

私の好きな言葉、祈り、綾部市も祈りのある町づくりが不可欠だ.この年になるまで,何回祈りを続けてきたことか。じぶんひとりよがりな祈りもずいぶんしてきた.でも、神は決して聞き入れてくれることはなかった.自分のためだけの祈りは.人の為の祈りは必ず聞き入れてもらえた。平和のための祈り、感謝の祈り、私たちは,祈りを捧げることによって,自分の魂が清められる.これからも,命有る限り、ひどひどの安寧をの為に,ひっそりと祈りを捧げていきたい.そんな思いがする歳の瀬である。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-31 15:09 | その他 | Comments(0)

飲酒の楽しみ

からだがお酒をうけつけなくなって,約3ヶ年ほど酒から遠ざかっていた.たくさんのお酒を飲む機会があったが,お茶を飲んで過ごした.この頃少しづつお酒を飲むことが出来るようになった。昨晩もお互いにお酒を飲みながら,腹蔵なく話すことが出来楽しいお酒を飲む機会にめぐまれた.何を話しても理解してくれる仲間と飲む酒は,至福の味がする.酔えば酔うほどますます本音で話すことが出来、その本音の話しが,みんなの共通の話題としてすんなりと受け入れてくれる.ますます楽しくなり言いたいことをひっきりなしにしゃべり続ける.みんなが,そうだそうだ、その通りと賛同してくれる.そんな仲間と飲む酒の如何に楽しくおいしいことか。白玉の±±±酒は静かにのむべかりけり,と言った詩人もいるが,それは自己反省をしてしんみりのむ味のお酒だろう.酒乱は困るが、わいわいがやがや飲む酒もまた,格別の味がする。人がお酒を飲むときはいいが,酒が酒を飲み始めると破滅である.皆さん新年はお酒飲まれる機会が多いいと思いますが,楽しいお酒で自分をいたわり,多くの人人とお酒を酌み交わし、肝胆相照らす交友を広げてください。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-28 09:25 | その他 | Comments(0)

校訓

過日綾部高校120周年(平成24年4月)記念式典などについて、綾部高校同窓会正副会長と学校管理職で話す機会があった。その節に、中丹高校6校(府立養護学校を除く)で校訓が定められていないのは、綾部高校と大江高校の二校ではないか。是非学校で生徒が誇りに思うような、生徒の心に何時までも残るような、校訓を考えていただきたいという事になった.綾部高校長は、漢文に造詣が深いだろうから、きっとすばらしい校訓が作られるものと期待している.ところで綾部高校では、80周年を記念して、綾部高校80周年記念誌を発刊している。この編纂には、山崎先生と塩尻先生が約一カ年と数ヶ月をかけて、資料収集など精魂を傾けて編纂された貴重な記念誌である。そして、90周年の事業としては、同窓会館の建設に取り組んだ.最初は1億円の募金をと意気込んでいたが、最終的には、各地区の幹事さんのご努力により、4500万円が集まったところで。会館建設に取り組んだ.設計は、伊藤梅原事務所に依頼した.同窓会館のモデルは、彦根膳所高校の同窓会館である。建設には、北原建設にご無理なお願いをする事になった。100年には、再び100周年記念誌を発刊することになり、迫田先生が、府立工業から綾部高校に帰って編纂に関わっていただいた.。校訓の話しからそれたが、府立工業の校訓は、信義,創造、実践である。私は,信義この言葉は是非入れていただきたいと,お願いをした経過がある。信義誠実の原則、契約自由の原則等から引用したものである.創造クリエイトとも言われるが,創造する喜びは人間本来のものである。また,実践は,工業高校は,実学を極めるところであり,実践は,もっとも尊重されなければ成らぬ.東舞鶴高校では、誠実、自律、寛恕、の校訓をつくり,校門前の石碑に刻まれている.恕とは、その一言で生きる為に奮い立たせる言葉とは,の問いかけに孔子が答えたと言われる.二つ高校で校訓づくりに関わったが,今度は,客観的な立場だからきらくだ。さて、さて、立派な校訓に期待したい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-26 19:33 | その他 | Comments(0)

格差是正か拡大化

中丹地区の高校で格差が拡大されつつある。生徒の希望によって、中丹地区、否京都府内の高校に入学が出来るようになった。生徒から見れば選択肢がひろがったといえる.。が経済的には負担がかかる.即ち、経済的によゅうが有る人はどこの高校へでも本人の希望で入学が出来る。親の経済力によって、本人の希望する高校に入学が出来ないとなれば不公平ではなかろうか。住んでいる地域の高校に進学すれば、進路が保障されるという事であればいいのだが、現況では、高校間格差が急速に拡大し進路保障が難しくなっている。評判いい学校と、余り芳しくない学校が世間で噂されている。高校間の何が格差と言われるのか.学力、就職、即ち進路保障格差という事でなかろうか。経済的格差によって、高校の選択が出来ないとなれば、是も問題である.とにかく地域に住んでいる高校に入学すれば、進路保障が本人の希望通りの学力をつけていただくというのであればいいのである.現況は、それと逆の方向に進みつつある.憂うべき事である。学校間格差、経済的格差、が教育の世界に急速に広がりつつある。小学校卒業生が、地元の中学に進学しない。中学の卒業生が地元の高校に進学しない。と言う実態が近年急速に拡大しつつある。このような実態は、より良い進路保障が出来る学校へと雪崩現象が起こりつつあると言っても言い過ぎではない。是は憂慮すべきことであると考えているのは私だけではない。多くの仲間が心配してくれている。格差の拡大を防ぎ格差是正のために、提言を学校設置者にしていかなければと考える昨今である。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-19 19:32 | その他 | Comments(0)

教育のまちづくり

昨日小中PTΑの役員の皆様方と話す機会があった。教育について、いろいろなご意見をうかがうことが出来た。先生がおられないので親の本音を聞くことが出来た。我が子を託する学校が子供の能力に応じて、しっかりと学力をつけていただきたいと言う親の願いが痛いほど伝わってきた。学校に対する親の信頼が如何に大切か.学校はそのような親の心をしっかりと理解して、信頼される学校としての情報発信をしっかりとしていただきたい.学校に対して、親の信頼がなければ、子供達は担任の教師を信頼しないだろう。親が学校の先生の悪口を家庭の中でぽろりと言えば子供は先生に対して不信感を抱くことになる。このことは親にとっても子供とっても不幸である.親の信頼を勝ち取るために、学校はどのような努力がuされているのか。親の口先のリップサァ‐ビスに満足していないか。親が本音で話し合える学校経営に管理職は努めなければ成らないだろう。信無くば立たずこのことは教育、政治、社会生活等々にいえる真理である。親子の願いが(進路保障)かなえられるような教育環境条件整備(学校統廃合問題を含む)勿論、行かせて良かった学校、入学して良かった学校、児童の願いが叶えられる学校、親が学校に対して不安なく安心して通わせ信頼あふれる学校、住んで良かった綾部、住みたい町綾部、教育の町綾部とするために、多くの市民の皆様と手を携えて、頑張らなくては、と言う思いが実感された話し合いであった。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-18 11:35 | その他 | Comments(0)

恨み

恨みは買いたくないのが、人情である。受けた恩はすべて返した.受けた恨みもすべて晴らした.と言って毛沢東未亡人江青は自ら命を絶ったとか.あくまで伝聞であるらしいが.受けた恩はすべて返した.そうありたいものであるが、なかなか。受けた恨みはすべて晴らした.となると私たちの理解を超えているかな、とも思えます。江青さんは、恩にも恨みにも激しく対応している.これが中国流なのだろうか。人に恨みを買う原因はいろいろ有る.だが、私などは不用意な言動によって相手の心を傷つけることが、しばしばある.気をつけているつもりが、ついつい一言余分なことまで言ってしまう癖が直らない.受けた恩に対してもしっかりとお返しも出来ず、はたまた、人様に恨みを抱かせるような事ばかり、恥ずかしい人生である.いつも後で、しまったと後悔をしたり、反省をする事の如何におおいいことか.情けないより哀れなりという言葉が我が身に跳ね返ってくる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-17 12:46 | その他 | Comments(0)

棚上げ

自分のことは棚に上げ、偉そうなこちをブログに書いてしまった.汗顔の至りである.条例に基づかない支給の事である.あなたの議員の時はどうだったの、監査の時はしっかりチェクが出来ていたの、なんて詰問されれば、返答に窮するのみ、大言壮語は禍の元である。まずは自分はどうであったか、出来ていたか出来ていなかったか、をしっかりと点検して書かなければならないな-と深く反省する.他人を批判するには、自分の行いにやましいところがないと言う自負を持っていなければ成らない。クリ‐ンハンドの原則というのがある。まず自分の行いにやましいところがないという自信がなければ、他人の行為を批判する事は慎まなければ成らない。といことを改めて思い起こすような事例にぶっかった。反省、反省。クリ-ハンドの原則について、具体的に言いますと、たとえば賭けマアジャンをして、負けた相手が金銭を支払わないので、裁判に訴えてとろうとするが、賭けマアジャンそのものが不法行為であり、公序良俗にはんする行為である。ゆえ、裁判に訴えることが出来ない.即ち、自分が不法行為をしながら、裁判に訴えること自体が無効なのである.裁判に訴えるためには、自分の行為がまずクリ-ンでなければ成らないという事。勿論こんな事は充分承知されていることで釈迦に説法かもしれません。法律用語の解釈に錯誤があり、ご指摘通り、間違っていたと思います。今後は慎重に心がけます。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-13 09:56 | その他 | Comments(1)

監査

近隣市で、年末年始に超過勤務手当以外に、一時間700円が条例に基づかずに支給されていたことが、わかり市長が謝罪と支給の取りやめを表明されていた。さて、条例に基づかない一時間700円の支給がどのようにして発覚したのか.内部告発なのか、監査での指摘によるものなのか、はたまた、関係事務当局の指摘なのか、外部からの指摘か、新聞で見る限り明らかではありませんが、十数年間支給されてきたそうだ。監査では指摘できなかったのか.1時間700円の支給を何の項目から支出していたのか.議会決算委員会でのチェクは難しかったのか.公の機関は、すべて条例規則、法令に基づき執行されなければ成らない。まあ、現場の担当者が長年の慣例であるからという問題意識しかもたれていなかったとすれば、誠に残念な想いがする。問題は、執行する立場の人のモラルの意識欠如ではないのか。採用時に法令条例を遵守することの誓約書をお忘れになっているのだろうか。そんな思いで新聞記事を読ませていただいた。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-10 10:36 | その他 | Comments(1)

長田町の流行歌

夕日の替え歌  カンカン虫 根性もなし チャイナに脅され ギブアップ 真っ赤かっか 赤ッ恥 世界中から馬鹿にされ 臆病嘘つき 無責任   かたつむりの替え歌  力ンカンイラ菅 かんの虫 おまえが滅ぼす日本国  臆病嘘つき 無責任  また、平兼盛の和歌をひとひねりして、しのぶれど  答弁にでにけりわが本音 恫喝傲慢  人の問ふまで  詠み人 仙石朝臣多弁 産経新聞から転載しました。江戸時代には、落首として、ひとびとが集まるところなどで、当時の幕府に対する不満が謳われたりしました。時には、川柳で  風刺をしたり   ところで皆さんは、現在の政治情勢をとのような替え歌でよまれますかな。
[PR]
by ayabemorinaga | 2010-12-08 11:33 | その他 | Comments(0)