綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

教育困難校

昭和50年代には、高校三原則の矛盾が顕著となり、工業単独校石原高校に普通科を設置する方向で府教委は考えていたが地域の事情により実現することはなくなり、教育困難校と言われるようになっていた。その抜本的改革に向けて、府教委は、府産業教育審議会に諮問を行い、昭和63年2月23日に府教委に対して、中間答申を出した。そのとき、審議会の副会長をしていた私は両丹日々新聞記者に対して、生徒の進路保障をするためには、これからの時代のニ—ズ応えた教育が必要で21世紀に向けて石原高校を抜本的に改革していかなければならない。そのためには学科改編・先端機器を整備する。校舎を建て替え、校名を変え教育課程の再編成。今あるものを充実発展すると言うより、むしろ新しい学校を作る意気込みです。と、私見を述べたことが、校内検討委員会にまず知らせるべきであるのに、報道機関に最初に発表するとは何事ぞ、厳しい批判を分会ニュ-スでされた。我が母校綾部高校の進路実績が極端に劣化してしないの中学生から敬遠されている実態がある。教育改革は常に十年二十年先を見越して、生徒数、社会の二—ズ二対応しながら、何より生徒の進路保障がどうあるべきが問われるのである。先を見通しながら、現状をどのように改変改革していくのか。このことこそ、議論の中心に据えなければならないだろう。今地域の総意を結集して、如何にあるべきか、を真剣に考えるべき時がきている。そして、地域の総意に基づく学校改革試案ともいうべきものを立案して、府教委に要請することが大事なことであろう。でなければ、やがて、近い将来教育困難校と言う不名誉な蔑称を賜る羽目になることが見えている。誰も教員が行きたがらない学校、いな転勤したくない学校とて名をはせることに誰もが痛みも、悔しさも、情けなさも感じないのだろうか。論点が少しずれるが、教育の場に競争原理が導入されることを私は否定しない。戦後教育界には、競争原理の導入は極端なまでに否定された。その例が、運動会で一等二等など決めずに、みんなおててつないで走りましょう、なんて時代があった。平等主議が徹底した。私は競争原理の導入を決して否定はしない。お互いに進路保障で競い合うこともいいことでないか。だが、能力格差が学校間にできる事を危惧する者で有る。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-31 11:25 | 教育・学校 | Comments(0)

因果応報パ−ト2

今朝の産経新聞とトップに、菅内閣総理大臣の施政演説を、前科を忘れ大風呂敷と阿比留氏の署名入りで、デカデカと批判されていた。それも、菅氏の不徳の致すところで、野党時代は、徹底的な攻撃、切れ味の鋭い弁舌で、政権を攻撃、批判されていた。その裏返しで、今度は、ことごとく自分に跳ね返ってくる結果となった。因果応報である。野党時代はまさか、自分が総理大臣になるとは、思いもされてなかったのではないか。勿論政治家が総理大臣を目指すのは当然であるが。今後二大政党時代が続くとなれば、政権交代があり得る。故に、政治家は、品格がより重んぜられることになる。節度があり品格の具わった政治家こそ国民の求める所となるだろう。やはり、相手の立場を考えて、議論、討論を展開すべきである。なに、なに政治の世界にも因果応報が---やったことは、必ずまた、やり返される。私も実は、因果応報を畏れて、転身した過去がある。このことはいつかの機会に具体的に書きたい。因果応報が厳然と有ることを考えて行動すれば、人生に畏れるものはないだろう・。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-25 13:34 | その他 | Comments(0)

心の置き所

人生は心一つの置き所とか言われている。たとえば、ある朝いつものように自宅の前をはいていると、何でうちの家ばかりに落ち葉がふきためられるのだ。たまには、よその家の前にふきためてくれよ。風よ。と言った愚痴がついついこぼれるものですね。人間が出来ていないと。まてよ。そうじゃない。はかなくてもいいように風が一カ所に集めてくれているのだ。ありがたく思うべきではないか。風に感謝。なんて-私なんか今になってもそんなに思うことなどできゃしない。所詮心の持ち方次第で、愚痴るか。感謝するのか。人生の出来事は何でもすべて、意味があって起きているのだ。そのように考えたら、何事も感謝で受け止め、その背後に有る天からのメッセ-ジに耳を傾けると、そのときから人生は好転する。とか。私の心なんか眼前の対象物に目を奪われて、ころころと絶え間なく心が動かされる。心ここにあらずの状態である。ころころと絶え間なく代わるからこころと言うのとおもって、開き直りの精神で゛有る。こころを捕まえたなんてことなど一度もない。心が捕まえる前にさっ-と逃げるから---ええ今日は何のお話なの--わからないの-つぶやき、つぶやき
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-24 13:09 | その他 | Comments(0)

狸と言えば、皆さんはどのようなイメ-ジをお持ちでしょうか。私が選挙で当選された方にお祝として信楽の狸をお送りしたとすれば、お慶びになるでしょうか。おそらく、もらわれた方は、選挙民をだまして見事に当選されておめでとうなんて、縁起でもないと立腹されるでしょうな。狸と言えば、カチ力チ山の狸、狸親父、古狸、など煮ても焼いても食えない、癖のある人とか人をだますとかのイ-ジがついて回る。とにかく余りいいイメ-ジがわかないですね。でも結構、信楽の狸が、おうちにある家が多いでしょう。また、信楽の狸が多く作られるのも、需要が有るからでしょう。縁起ものとしては何か、有るのではないでしょうか。私が厳しい選挙戦を勝ち抜いて当選された方に、狸をおおくりして、たとえは゛、次のようなお祝の言葉を添えればいかがでしょうか。狸というのは、他抜(夕ヌキ)といって、一番、トップになってほしいという縁起ものなのです。市会議員、県会議員、府会議員、になられたら、是非トップになってください。期待しています。という意味ですと言えば、いかがでしょう。まだ、けしからんとお怒りでしょうか。にっこりされるのでは、丸い卵も切りよで四角、ものもいいよで角か立つ。とか。解釈のしかたでいかようにも--ほかにも、もっとすばらしい解釈が有ることでしょう。今日は、こんなたわいもないお話で-----
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-22 10:40 | その他 | Comments(0)

仏教は、人生は、苦である。と説いている。確かに人生は、苦の連続である。心が安まることもなく苦が次から次へとやってくる。四苦八苦と言われるが、まさにそのとおり、苦に心身ともに悩まされ続けている。その苦から逃れるためにはいかがすればいいのか。苦は何によって、現れるのか。それは、人間の性とも言うべき欲が原因である。だから、無欲になれ、無欲になれと教える。また、心の苦しみを救ってくれるありがたい説教をいただいた人に布施をせよと。いつまでたっても、無欲恬淡なんてとてもなれそうにもない。むしろ強欲が頭をもたげてくる。悲しい人間である。今更修行も出来ず、苦に悩まされ続けながら、冥土に向かわなければ成らないのか。心身が健康だから、欲がついて回って離れないのかも。病を得れば、病の苦しみから逃れたい。これは、心身の痛みの苦しみであるから心の苦しみである欲が原因ではない。苦しみから逃れる道は、出家か。それとも欲を少しづつ捨て去ることか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-21 11:29 | その他 | Comments(0)

理念

政治の原点などと、したり顔で書いているが、怪しいものだなどと笑われているだろうな。今日は政治家と現実とは、についてかんがえてみたい。政治の理念がどうあろうと、その実態は名誉、利権というものと密接に結びついている。酒や---の誘惑はまだ罪のない方で、利権、名誉、分けても支配的権勢となると、もっとも深刻な魅力である。国のためとか、市民のためとか、奉仕とか公僕とか、常日頃どれほど無欲で謙虚なことを口にしていても、いざ政権、利権、役員人事の争奪となると、また、ひとたび権力を握ったとなると、どう堕落し易いか是はだれもが知っていることである。利権政治家はやがて反感侮蔑の対象となり機会をえて捨てられる。政界は権謀術数が常の世界であることに、国民が、いな市民が、毛嫌いする前に、政治も国民、いな、市民レベルの反映であることは、肝に銘じておかなければならない。故に、選挙でいかなる人物を政治の世界に送り込むのか、しっかりと考えて投票行動をすべきである。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-20 14:58 | 政治・議会 | Comments(0)

日本はもともと和を尊ぶ国である。補い合い、助け合い、信じ合うことで和は生まれる。日本社会が2000年以上守り続けた美風である。和も政治の原点である。政治は決して不毛の争いを奨励するものではない。政治が乱れれば人心はむしばまれる。人心が荒めば国は滅びる。政治は和を原点として、共生社会、最小不幸社会をめざすべきであろう。だが、現実の政治の世界では、党内抗争、権力闘争、国民の生活安寧は二の次と言わんばかり、争いが繰り広げられている。地方議会も、首長の思うとおりにならない、議会に対して、リコ-ル運動を起こしたり、住民投票を提起したりしている。二元代表制とは、何なのか。議会は、首長のイエスマンでいいのか。ここでも、和を忘れた争いが行われている。憂いべきかな。の一語に尽きる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-18 09:56 | 政治・議会 | Comments(0)

責任転嫁

昨日長期政権のあとは、負の遺産を受け継ぎ、それを払拭しなければ存在意義が見つからないから、政策の転換、修正をする事があるが、それらの矛盾点を指摘されると、それはあんた達がやっていたことでないかと、開き直り答弁が国政の場で有るが、まさに責任転嫁である。そんな事は教育の世界でも有る。中学生の躾や学力低下を指摘されると、小学校でしっかりと基礎基本を教えなかったである。と、責任を転嫁する。小学校は幼稚園に幼稚園は家庭に責任転嫁をして言い逃れようとする。そのような教師の姿勢態度をみて成長された代議士諸氏が学校教育の中で自然に身に備わった責任転嫁という処世術なのだろうか。そんな責任転嫁より、今、担任している中学生の躾や学力低下を指摘されれば、担任教諭は、責任を持って学力向上、躾に取り組みますという答弁が出来てこそ、教育者としての本来の姿ではないのか。とかく、問題が起これば、責任転嫁にあくせくする姿は、醜い。の一言に尽きる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-15 13:00 | 政治・議会 | Comments(0)

ばらばらなお話2

長期政権のあとは、混乱期になると言われている。なぜなら長期政権は必ず負の遺産を置き土産にする。その後の政権はそれを払拭しなければ存在意義か見いだせない。今までやってきたことを修正するのだから、当然混乱が起こる。このような視点から、現政権を見ればどうだろうか。論語に、巧言令色鮮なし仁と言う言葉がある。うまく言葉を飾ったり、顔色をつくろったりする者は真に人を愛し大切にする仁の心は少ない。俗にリップサ-ビスのうまい人には、だまされることか多いが、本当の慈愛の念はない。その反対に、剛毅木訥、仁に近しと言う言葉がある、意志が強くて、飾り気がなく口べたな人は誠実な人である。ということ。皆さんは、巧言令色の人がいいのか、剛毅木訥の人がいいのか。どちらを選択されますかな。どちらも、持っている人がいいな。政治には、品格と節度が必要である。極端な事はしないことに限るが、時には大胆な思い切ったことをしなければ、人が逃げていく、当人の知らぬ間にばらばらと脱兎のごとく。時に、選挙であれれれ、なんてことになるから怖い。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-14 10:00 | 政治・議会 | Comments(0)

イズム

政治家はしっかりとしたイズムを持つべきである。ただ、有権者に迎合するにも節度を持つべきである。悲しいかな政治家は有権者の心をつかまなければ、選挙で落選する。市民のことがわからなくて政治は語れない。汗を流さなければ人の心はもらえない。選挙に僥倖はない。政治家は出来る限り有権者に会って苦情を聞かなければならない。有権者と信頼関係が築けるのは、フェ—ス・ツ-・フェ-スなのです。まず直接一人一人と会うことである。(そしてこの人なら安心してまかせられると有権者に思ってもらうことである。)そうした労を惜しむものに、僥倖はない。また、会って握手をする事是も大事なことである。選挙に勝つためには、そのようなイズムを持って望むことが大切である。遅まきながら、そんな事に気づかされた。昨今である。私もしっかりとそのようなイズムを持って選挙に臨んでいたら、苦しい選挙をせずにすんだが、すべて後の祭り、寂しくもあり悲しくもあり心の隅にぽっかりと穴が開いたような哀感を感じる。そんな反省をしても意味がありませんがね。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-01-13 09:44 | 政治・議会 | Comments(0)