綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本性とは、

人間の本性を見極めるには、認知症患者を診ることであると、学生の頃に教授から聞いた事がある。認知症患者は、理性の抑制がきかなくなっているので、人間の本性を知る手がかりとなるとか。認知症患者は、タイプが二通りに別れるらしい。究極の人間の本性は、色、食である。性欲か、食欲か、こんなお話を皆さんはよく聞かれるのではないでしょうか。お昼にしっかりと食べておきながら、まだ食べていないとか。おっしゃる方がおられますね。この方などは食い気なのでしょう。食い気か、色けか、私の本性は、ーーーーと自分で自覚していますが。なぜこんなことを、最近の事象に関わって、ふと、そんな事を思い出しました。哀しいかな人間究極の欲望は、色気か、食い気になるのですね。食い気はまだかわいげがありますが、色狂いは、情けなく何とも憐れな哀しいものですね。でもそれが人間の本性なのですよ。最後まで、自戒抑制のきく人生で終わりたいものですね。私なども格好のいいことなどいえる立場ではありませんがね。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-05-30 09:48 | その他 | Comments(0)

情報

一昨日アメリカの知人とメ-ル交換をしている友人が話すには、福島原発事故の早い段階で,メルトダウンが起きていると言っていたそうである。しかし、日本では,最近になってメルトダウンが起きていると報道されている。外国の新聞を読めない私などは、正確な情報と多くの情報を把握することが出来ない。日本政府は、福島原発事故のアメリカの協力を断ったそうである。何でも情報秘密が漏れるとかという理由で--これは岡本行夫氏が産経新聞に書かれていた。原発事故に対しては,みだりに風評被害をあおるような情報は慎まなければならないが、しっかりとした正確な情報を国民に向けて,政府も乄ディアも発信していただきたいと考える最近である。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-05-17 08:46 | その他 | Comments(0)

日本のリ—ダ—

菅首相は,お酒の席では愉快な人らしい。感情的な面は見られない。しかし,菅氏にアドバイスをすると自分の考えが否定されたと勘違いされるのか,非常に感情的に成られるとか。そんな人はありますね。また、すぐ怒鳴りつけるので,官僚は敬遠して近寄らないとか。すると御用学者ばかりの意見を珍重されて、独りよがりのことが多くなる。原発中止など、わざわざ菅首相が自ら発表などしなくて,官房長官にまかせりやよいものを自分がしたり顔で発表する。大衆受けを狙ったパフォ-マンスとしか考えられない。そんなに首相は魅力のある職なのか。石にかじりついてでも延命を考えるとは。日本のリーダ-であるなら,この未曾有な国難に対して国民にもっと安心感と希望がもてるようなメッ-セ-ジがなぜ発信されないのか。といえば言い過ぎか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-05-14 19:57 | その他 | Comments(0)

レンゲソウ

政治家の皆さん方へ、やはり野に置けレンゲソウなんて言われないようにすることですね。私も一寸のことでやはり野に置けレンゲソウなんて言われかねないことがありましたよ。イヤ、ハヤーとんだ恥さらしをする寸前で事なきを得ましたが。川島正次郎という人の言葉ですが。川島派の荒船清十郎という議員を運輸大臣に入閣させたら、JRに圧力をかけて,自分の選挙区埼玉県深谷駅に急行を止めさせることにして,大問題となり閣僚を辞任せざるを得なかったとき,親分の川島氏が彼はやはり野に置けレンゲソウか--とつぶやいたそうです。この言葉が今もっとも似つかわしいのは,菅首相である。この国難に際して,強力なメッセ—ジも発信できず国民に安心感を与える事さえ出来ていない。やはり野党の党首として、アジテタ一徹していられるのが、菅首相の本領発揮であると思うのは私だけだろうか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-05-03 17:45 | その他 | Comments(0)

悪口

人間の醜さは,哀しいけれども,人の悪口を言って自分の憂さを晴らすことでしよう。しかし、悪口や中傷の対象は,政治家、に限る。気の合う仲間と酒の上でも、上司や同僚の悪口は厳に慎むべきである。勿論隣近所の陰口、悪口、誹謗中傷などは論外である。人権はしっかりと守らなければならない。されど、特に政治家の批判、悪口は容赦なく手厳しくするに限る。批判中傷、悪口に耐えられないのなら、あっさりと政治家を辞めるに限る。あくまで公人としての立場に対して批判をするのであるから受忍義務の範疇にある。たとえ批判さても、自分の信念に基づき政治家は,反論をして,言われなき中傷には立ち向かえばいいのである。何を言いたかったかと言いますと,自分の事は棚に上げて人の悪口は慎まなければ成らないという事です。
[PR]
by ayabemorinaga | 2011-05-01 13:39 | その他 | Comments(0)