綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

時代祭

昨日は時代祭であった.過去に二回ほどいく機会があったが,所用のため断念した.今回息子がチケットを買ってくれたので,家内といくことにした.当日は絶好の秋晴れと言うより残暑尚厳しいといった日差しのきつい日となった.座席はA列の38,39番である。約二時間時代絵巻を堪能した.私の隣の席に外国人グル‐プ人たちがおられた.私の隣の人が、あついですね.京都は毎年こんなに暑いですか.と日本語で話しかけてこられた。日本語お上手ですね.どこで習われましたか.と問いかけると,軍隊で韓国に駐留していたとき,習い始めました.日本語難しいですね.時代祭りのパンフレットを見ながらあれは何ですか.と問いかけてこられる。しかし,とにかく暑い.じっとしていてもじりじりと汗が噴き出るようだ.年齢は何歳ですかというと78才です。年齢よりもずっと若く見える。祭りの終わり際に,名刺をもらった。カリフォル二ア州立サクラメント大学歴史学部名誉教授 力リフォルニア大学 日本研究セン夕-研究員 文学博士 ト-マス・スウィフト氏であった。あなたの名前は,森永です。ああ,キャラメルだから飴すきなの--なんて冗談を-手紙を交換する約束をして別れた.難し言葉は使わないようにしてください.字引を引きながらよみますが-と謙遜されていた。そんな出会いがある秋の日の一日であった.蛇足ですが,時代祭りの費用は4000万円、行列に参加されている人数は2000人で,当日の見学者は62000人あまりだとか。牛馬78頭。一日延期になれば牛馬のえさ代が大変だとか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-23 08:22 | その他 | Comments(0)

綸言汗のごとし

綸言汗のごとし。という言葉があるが,今政治に関わっていられる一国の首相並びに,その経験者であるお一人の方に謹んでこの言葉を捧げたい。この人達はこんな言葉はご存じないのかな。いや,知っておられるだろう。いや,知っていられないから平然として,自分の言葉の重みを感じていられないのではないのか.信義もなければ誠実さも感じられない.民法に信義誠実の原則、というのがある.国民には信義誠実の原則を尊重せよ.といいながら、自ら政治に携わる人たちが,信義誠実の原則を踏みにじっている。常に損得勘定こそが絶対の行動基準となっている.何事も損得勘定でしか物事を判断できないのであれば,あきれ果ててものも言えない。そうそう、55年前に小学校で教えていたときであるが,子供はあきれ果てるほど損得にこだって自分が損をすることはしないという行動パ夕-ンが定着していた。当時私が勤務する小学校では文科省の道徳教育研究の指定を受けて教育実践を発表したことがある.現在のように道徳の時間があったわけではない.学校教育の全面に於いて道徳教育をおこなうということである。徳目主義の道徳教育ではない.たとえば席替えというテ-マで教育をするときには,誰とでも仲良くする.ということを目標にして,子供達との話し合いを行っていく事だ。しかし、何を言ってもよいと言うことにすれば,とんでもない失敗をすることがある.子供達は好き勝手なことを言って,相手の人権をひどく傷つけることがあるからだ.昭和32年頃から道徳教育は学校現場では行われていた.しかし、ほとんどの学校では,道徳教育を取り上げて実践している学校はなかった.故に、人としての生き方をしっかりと学ぶことなく大人になった人がほとんどである。それが現在の嘘はつくわ,約束は守らないわ,自分の発言に責任を持たないわ,言ったことさえころころと平気で変えてしまうわ,そんな大人がわんさと出てきた。恥を欠くことなど何とも思わない人たちばかりうようよしている.恥を知れといわれても蛙の面に小便何とも感じない人たちがいるから驚きだ.そんな大人達を中学生や高校生はどんなまなざしで見ているのだろうか.行く末が恐ろしい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-21 16:42 | 政治・議会 | Comments(0)
府立工業高校50周年記念式典が1昨日挙行された.府教委の祝辞で校訓である信義、創造、実践を大切にし校章に表されている様に,未来に向かってしっかりと羽ばたいてほしい.といった趣旨を言われた。そのことで思い出したのか、私の裏の座席に座って式典に出席していた校訓を作る時の委員長であった佐藤君が,創造、実践、でと思っていたら,校長が信義を加えなさいと言われた。当時は随分私も校長にはしかられましたね。と話しかけてきた。若者には、信義ということをしっかりと心にたたき込まなくては,立派な人格は形成できないという考えは私の持論である.今国政の場で、公党間の党首の話し合いで、近いうち解散といいながら,約束を守らない人がいる.何回も言っているが,信義とは約束を守ると言うことである。約束を守らない政治家を見て若き青少年は,何を考えるのか.教育の場で,いかに信義を大切にしろといっても,ばからしい約束を守らない大人を見て,なんと思っているだろうか.何言っているの先生、信義を大切と言っている先生を馬鹿にするだろう.そんな世の中だからこそ,校訓を大切にと府教委が祝辞の中で強調されたのか。いいタイミングで生徒諸君に呼びかけていただいたなと言う思いがした。当時、府教委の指導主事として、府立工業高校の基本構想の立案者である高橋君にも出合うことができた。今日の府立工業発展の礎を築いてくれた人である.大病をしたらしいが何とか克服して元気にしています。と、久しぶりの再会を嬉しく思った。さらに多くの昔の同僚に会って挨拶を交わすことができた。大変残念に思ったのは,府立工業創設時に,非常にご苦労をおかけした坂根事務長の姿が見えないことであった。記念講演あり、ブロンズ像の除幕式あり、記念コンサ-トでは,MALTΑ氏の演奏を聴きながら,異国で聞いているような幻想にふけることのできるひとときでもあった.終了後、25年ぶりに,各実習等を見学して歩いた.無人工場では、システム運転はされておらず,単体かっようである。設備設置当初から,システム運転ができる人材がいなかった。研修に二年間をかけて養成を試みたが,てんで問題にならぬ結果となった.工業科の教員は,日進月歩の産業界について行けるだけの能力がなければ使い物にならない.日々研鑽に励み技能習得ができる優れた人材を採用することが必要である。工業科定員を補充するためと言った安易な採用をすれば,日進月歩の施設設備を導入してもそれを使いこなすだけの能力がなければ,大いなる損失になる.一緒に見学をされていた,同僚が,だいぶ施設が古くなっていますね.厳しい財政状況であるから,施設設備の更新が難しいのでしょうか.感想を言っておられた.府立工業創立当初は、全国工業校長会が北海道で開催されて,そこで、施設設備は日本一であります。是非一度見学においでください。と胸を張って発表をしたことから考え今昔のかんがする思いで見学をした。菊つくり,菊見る人は,陰の人.この言葉がぴったりな一日であった。
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-14 09:39 | 教育・学校 | Comments(0)

虚仮

人の世の人情なんてほんのわずかの間にごろりと変わって,冷たいことこの上もない.誰だって希望が叶わず欲求不満の時はいらいらして,前に立ちはだかる巨大な壁に胸のつかえしこりをぶっけたくなりますよね.人情も友情もわきまえぬ薄っぺらな軽い連中がごろごろ世間にころがって幅をきかせているのは紛れもない事実ですね.だからといって人を恨み人に当たっても自分にはプラスにはなりませんね.どうせ世の中自分の思うようにはならないノですから,何があっても焦らず,気にせず失敗しても挫折しても,めげない、くじけない,あきらめないで現にやっていれば,そのうち幸福の女神がそっとささやいてくれますよ。いきてりや犬にも明日がある。と嘘かどうかは知りませんが,斉藤道三はいったそうです.ならば、まして、人間に明日のこないはずがありませんよね。所詮、薄情な世の中だから,おもしろいと割り切り,渡る世間は鬼ばかりと思えば,やりがいがあるし,力を発揮できる,不満など吹っ飛ばして元気よく世間を渡ろうではないかとおもって生きることですよね。すれば,幸福の女神が舞い降りてくれますよ.よく我慢したね。とささやきなから-
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-08 14:20 | 教育・学校 | Comments(0)

長寿

長寿は誰もが願ってやまぬものですが,長寿であればあるほど屈辱や恥かきの機会が多くなるのは,人生の皮肉である。まあ,この年でなんたる辱しめを-という思いは,若い人から仲間はずれにされ馬鹿にされた老人が味わう悲哀である。まあ,若いつもりでつい無理をして-いい年をして恥ずかしい-こんな思いも日常茶飯事である.が特にこだわることもなかろう-とやせ我慢の日々,とかくこの世は生きていくこと自体が恥をかくことですし,人の一生は恥の歴史でもある.私も多くの恥をかいて生きてきた。デモ、そんなことはすっかりと忘れるに限る。旅の恥はかきすて-ならぬ,人生の旅の恥はかき捨てるにかぎる.命長ければ恥多し-だからといって-晩節を汚すことなく、また,人様にいやがられることなく生きていくことも難しいものだ.であるならば恥をかきかき生きていかざるを得ない。これがごくありふれた人の一生である。と諦観しながら-
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-06 12:03 | 教育・学校 | Comments(0)

ストレス

毎日野菜作りに没頭していればストレスなどはないと思っていたが,さにあらずの人生だ。人間生きていく限り多少なりともストレスというやっかいなものを背負って生きなければならないのだ。さて,ストレスとは,人間関係や不安感情などの刺激が,肉体に歪みを生じさせ,それが病の原因になっていく。というのであるから,刺激と,それによる歪みとを含めてストレスという。心の葛藤が,胃潰瘍などの肉体的な病を生む,ということを生理学的に実証したのが,カナダのハンスセリエだと言われている。嫉妬や罵詈雑言で痛みつけられているのは、心であるのに、肉体が異常を来している。そのようなことが真実あるのか--このことを動物実験で実証した。ストレスで神経系統やホルモンの分泌が不調になっのでは,肉体が正常な状態を保ち得ないのは当然である。恐怖や不安という感情は,精神的・肉体的な病の原因になるということ。ストレスを発散すること・ストレスをためこまないことが大事であろう。人それぞれがストレスを解消するための工夫はされているだろう。酒を好むもよし。スポ-ツをするもよしだ。何より良好な人間関係の工夫が大事であろうな。そんなことをふと思った。当たり前のことであるが。
[PR]
by ayabemorinaga | 2012-10-04 09:19 | 教育・学校 | Comments(0)