綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

表現

人は自分の言葉で相手に意志を伝える.この言葉が意外と難しい。わかりやすく簡潔に伝えなければ意味がない。たとえば感動したことを、感動と言った言葉を使わずに相手に感動させるにはどうするか。私は、感動した。心が洗われた。と言った言葉でしか自分の思いを相手に伝えることが出来なかった.今朝、NHKTⅤで小さな旅と題して、視聴者からの手紙を元にそれぞれの旅の思いでを特集していた。妻との祈りの旅は私の言葉の軽さを反省させるものであった。主人がふるさとの義母(後添えの母)を見捨てたが、妻は夫に黙って、自分の給料から月月義母へ仕送りをしていた。そして二人で旅わしたときの寺院での深い祈りのすがたを看たが、その意味するところは分からなかった。しかし、妻が先立ちその遺品の中に、義母への冥福を祈り寺院に納めていた請願文。自分の義母への愚かなる行為と残酷さに、さいなまれる日々車いすで養護施設で過ごす主人の回想、小さな思いでの旅--このような表現こそ--人にずしんと腹に染み渡るような表現ではないか。映像表現は具体的であるが言葉を使って表現はなかな、来年は挑戦してみようか--出来るだけ平易な言葉で聞いているみんなを感動させる、いや文字を使って感動という文字を使わずして感動を与えるようなそんな文章にちょうせんしてみよう。皆さんいいお年をお迎えください。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-31 10:27 | 教育・学校 | Comments(0)

政治家の言葉

人は生きてきたようにしか死ねない--その人の性格はその人の人生。まさにそのとおり--思わずうなずきたくなる名言が世の中にはある。言葉の持つ力は偉大である。それゆえに言葉はいったん口に出したら二度と返してくださいとは言えない。まさに綸言汗のごとし--だ。日本という国に生まれて日本語を母国語として育った私たちは日本語のリズムとは切っても切れぬ縁で結ばれている。それなのに昨今の政治家の言葉の貧困さと言ったらどうだろうか。心にしみわたり、涙を流したくなるような政治家のスピ-チを聞く事が少なくなった。言葉は常に責任が伴う故に慎重になるのは理解できる。しかし政治家にとって言葉は命てある。言霊の入った人の心に響く言葉を聞きたいと思っていたら、今日自民党綾部支部政治経済懇談会がかいかさいれ、自民党総務会長野田聖子さんの話を聞き久しぶりに心にしみわたる話が聞く事が出来た。大変謙虚で低姿勢に共感を覚えた。今後さらなる活躍を期待したい。自慢ではないが、綾部の政治に携わる人達が言霊の入った人の心に響くスビ-チに練達されて成長されつつあることを頼もしく思っている。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-22 18:32 | 政治・議会 | Comments(0)

時事放言

猪瀬都知事の5000万円疑惑についてトップに立つ人はすべからく1,原理原則を教えてもらえる師を持つこと。2,直言してくれる側近を持つこと、3,よき幕賓を持つこと。の大切さ痛感した。石原慎太郎衆議院議員を師と仰ぎ原理原則を教わらなかったのか。直言をしてくれる側近はいないのか。知事素早く辞職してもう一度都民に信を問うては如何ですか。疑惑を持たれことを深く反省してこの際清く身をひかれてはいかがですが。と直言する側近の意見を聞き幕賓に相談が出来る。そのような体制をしっかりと構築されていなかったと言えそうだ。人は誰でも耳障りな事をずけずけ言われる人を敬遠するものだ。トップはあえて耳障りなことを言ってくれる人を重宝する事をおすすめする。これが人徳がある言われる人でもなかなか実行できないのだ。人間の悲しい性なのかも知れぬ。ゆえに、トップになるは人徳をえる修養に努めるべきである。人徳があれば、直言する人、幕賓と言われる人も自ずと生まれてくる。そんな人がいないと言うことは人徳のない証拠である。だから土壇場で悪あがきをして是まで築いてきた諸々の功績を失墜する事になる。猪瀬知事としては、東京オリンピック誘致の功績は万人が認めるところである。営々としてせっかく勝ち得た都知事の椅子を棒にふりたくないのは分かる。窮地であるからこそ、的確な判断をしてくれる側近、幕賓がいないのかと悲しむ。追記産経新聞が都知事の肖像の中で、猪瀬氏は物言いが居丈高で敵もおおいい.意見か違う人を徹底的に排斥し、攻撃、報復する人で、他の意見耳を傾けない傲慢さは、作家なら許されるが為政者としては致命傷である。と、また、文芸春秋の対談では、攻めるのは強いが守りは弱いと-そんな批判をされないように皆さん心して政治を行ってください。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-14 16:51 | 政治・議会 | Comments(0)

学歴

世の中の通弊として、人の評価も序列だけで決めることが多いい。つまり偏差値による人間の評価である。いわば、偏差値という物差しで人を測る。是が戦後の悪習である。といえないか。日本でいう学歴とは、学校歴のことである.どこの高校をでたか、どこの大学を出たかと言う事だ。だがここで少しへそ曲がりな考えで、学歴とは、学びの歴史である。といえばどうか。その人が何冊の本を読み、どのような先輩に巡り会い、何人の人の為になり、何度正義を貫き、何度他人のために涙と汗を流したか。そのすべてが学歴ではないか.そのような学歴が評価され、人々に認められる社会こそ素晴らしい社会である。むろん偏差値を否定はしないが偏差値がすべてではない。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-10 09:12 | 教育・学校 | Comments(0)

視点・論点・観点

おいおいまた本からの孫引きで、指導者としてあるべき心がけを説教面して書くのかい。と言われることは承知で、書いてみようか.岩沢正二(住友銀行副頭取)氏が各地に赴任する支店長に与えた上に立つ者の道という32箇条がある。私なりにアレンジして抜き書きをしてみる。1,むこうところを明確に示せ。2,信を他の腹中におけ。3,虚心坦懐、光風霽月、是を是とし非を非とせよ。4,ほめるときにはほめ、しかるときにはしかる。遠慮するな。5,功は部下に推し責は身に引け。6、己に薄く人に厚く、己に厳に、人に寛なれ。7,長所を看て人を使え.人は誰しも長所を有す。8,愚痴と、立腹と、嫌みは大禁物。9,みだりに難きを責めるな。ただし泣いて責める場合も有り。10、広く意見を徴すべし、部下の話は熱心に聞け。11,人のことを我がことほどに思え。12,努めて失意逆境にある人を引き立てよ。13、知らざることは、あくまで知らずと為せ。14、少なく言い多く為せ。15部下に威張な.部下の機嫌をとるな、至誠一貫.正々堂々16、、ことをなすには腹を決めてかかれ。。17,上に立つ者は部下をして己の最大の保護者たることを感ぜしめよ。18,自分一人にてことをするな.任せて人を使え。このような観点視点から人物論をやるとおもしろいな。以前綾部高校創立100年誌に人物月旦として、歴代同窓会長…校長について書いたがこのような視点が無く全く私の偏見独断に過ぎなかったという反省もある。ゆえ今度はこのような観点から人物月旦をやればおもしろいな。是まで私が交わっきた人達を俎上に載せて人物論をやってみようと思っている。ものぐさ故にいつ頃になるか分からないけれども--随分辛口の月旦になり恨みを買うかも知れないがあえて挑戦してみよう。しかし、あんた随分いい加減なことを言ったり、中途半端なことをやっているよ。わかっている。?うん--分かっているよ。ブログ小説などでしょう。---まず最初は歴代府教育長からはじめよう。と言っても、川本教育長から現代までを手始めに---つぎは行政の長へ--
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-08 12:54 | 政治・議会 | Comments(0)

寝言

過ちて改めざるこれを過ちという。昨日の党首討論で、民主党海江田代表は特定秘密保護法案の強行採決の反対である声高に言っておられた。だなら--民主党政権当時尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像公開を民主党政権が拒否した。海保は映像を即日公開するつもりで準備していた。中国に過剰に配慮した管政権の恣意的な横やりが無ければ秘密でも何でもなかった。時の政権によつて、秘密でないものが秘密扱いになったり、秘密であるべきものが、秘密で無くなったりと言った恣意的な判断をなくし秘密とは何かをしっかりとル-ル作りこそ必要ではないのか。民主党政権での恣意的な行為は棚に上げて、反対を言われるのは政治家としての矜持を持っておられるのか。万年野党の皆さんがおっしゃるなら耳も傾けようが、政権担当当時の不始末は棚に上げて、偉そうな事が言えるのか。まず過去の過ちをしっかりと謝罪されて言われるのなら、まだしも許せるが--まず民主党の皆さん過ちて改めざるこれを過ちという--このことをしっかりと実践していただきたい。革新を主張される皆さんは、おうおうにして、自分の犯した過ちには寛大で、他人に対しては厳しく指弾される傾向あると考えるのは間違っているか--相手に対して間違い厳しく指摘されるなら自分行いも常にクリ-ンでなければならぬ。自民党政権も数におごることなく真摯に相手の意見をしっかりと聞いて、過ちのない政権運営を期待する。強行採決とメデァ-は盛んに言っておるが、これまでの国会運営の中で、どのような場合がをさして強行採決というのか。審議時間の問題か、慣例の国会運営に反する場合か-具体的に強行採決とは、このような場合を言う。と言った事が明示されていない。強行採決は悪であると言って、世論を誘導する為なのか。強行採決とははっきりと言葉の意味づけを国民に示せ。決められない政治は御免だと言って今回参議院選挙で国民は与党に多数を与えたのだ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-05 11:48 | 政治・議会 | Comments(0)

渾厚

この世の中に完全な人間いない。ところが人の常として、自分の欠点には気づかないが、他人の欠点はよく見える。自分の欠点は棚に上げて人の欠点を責めたところで、では、おまえさんはどうなのか、と切り返えされたら、ひとたまりもない。そうならないためには、出来るだけ自分に厳しく、人には、寛容に--と心がけるのがいいのだが、是がなかなか出来なくて、人様の欠点ばかりをあげつらって揶揄する悪い癖が私は身についてしまった。戦後の教育も自分には厳しく、人に寛容にと言った教育が為されてこなかったとも考えられる。それはさておき、自分に厳しく、人に寛容の精神をしっかりと実践すれば人の道を誤ることはあるまい。これ、渾厚という。
[PR]
by ayabemorinaga | 2013-12-02 12:50 | 教育・学校 | Comments(0)