綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

見限ると言う事

人間は時と場合により無能であったり、有能であったりするものだ。家庭状況や地位の変化、はたまた、権力構造の変化、人事の処遇など、サラリ-マンの人生は移ろいやすいものです。如何に、りっぱな上司と思っていても、その人におぼれてはダメで、常に一方では客観的にその人を見限り得る目を保っておく。見限りと言って容も別に裏切る、陥れると言う事ではありません。容れざれれば去るという覚悟とその用意をしておくことが、今時の世には必要。それが現実というものです。容れざれれば去る。簡単に言えるが覚悟となるとなかなか出来るものではない。歴史上で秀吉に思い入れて没落した天下の知者安国寺恵瓊がその人である。秀吉の晩年の思い上がりと老耄を見定めることが出来なかった。最大の判断ミスは、秀吉の死後も天下は安泰であるとはんだんしたことである。さらに安国寺は自分と同じ政略家で文人派の石田三成と組したことである。優れた上司惚れ込むことはいいことですが、その偉さを生涯持続できる人はまれである。部下が上司の能力喪失という現実を見極めて、はやばやと見限ることも人として生きていく知恵なのでしよう。上司を見限れば、薄情な奴、恩知らず、と罵られることもあるが、それはそこ、そのような非難を免れて上手に見限る知慧も必要だ。自己保存のためさっさと上司を見限りる眼力を養うことも必要か。偉いと思って、いつまでもついて行くと身動きがとれなくなるものだ。【容れさざれば去る】その覚悟で人間関係を構築する。そのことが大事だ。官僚なんかはさその実践者として最たる者だ。でもね。政治家がそんな態度を示してはおしまいよね。でもいると思うよ。なんっいったって世の中広いじゃん。そんな人達が--役に立たなくなれば、さっさと、見限る。これ以上つきまとわれては、迷惑だとばかり--それつてそのような政治家を担いだあんたが人を見る眼がなかったんじやんか。そのようにおもってあんたから見限りばいいじゃん。何も人の所為にすることもなかろうが----

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-31 09:53 | Comments(0)

自己の短所を座右の銘に

人間だれしも短所・長所はあるものだ。英雄・大指導者と言われる人はその長所も大きいが、それに比例して短所も大きい人物でしょう。少しまともな指導者ならそのような自分の欠点を自覚して直言居士を自分の身の回りに配することにより、欠点をいさめて直していくというシステムで自己矯正をしていこうとするのが普通です。とりわけわれわれ日本人は、反省好きで日々反省をすると口々に言っておりますが、単なる反省なら猿でもすると揶揄されるほど反省好きなのですな。
 実は、これス口—ガン
.何事も順調に行き始めると傲慢になって、直言者を遠ざけたり、耳障りの悪いことは無視したする。直言者とて、自分地位かわいさに一応直言者風を装っていますが、阿諛迎合と輩に成り下がっていたりする。では、自分の欠点を直すにはどのような方法があるのだろうか。人間は弱いものですから、欠点を直すには、外側からそれを矯正する手段を講じなければ成らぬでしょうな。普段から自分の欠点はこういう所である衆知せしめておいて、そのうんざりしたお顔みて、ああまたやったかと矯正する事も必要か。自分の欠点を座右の銘として日々の行動を反省する事も一つの方法か。しかし、地位名誉のある立場にたって自分の意向に誰もが反対しにくい状況が醸し出されると、人間知らず知らずのうちに、傲慢になり自分の欠点さえ分からなくなるものなのだ。いやいや、自分の行いにさえ善悪の判断出来なくなってしまう。それが人間だれしもはまり込む恐ろしい罠だ。さらに輪を掛けて、人様の忠告をねたみと勘違いして、忠告した相手を誹謗中傷すると言う愚かな行為にでる。周囲からは、それとなくやんわりとした批判がある事にさえ気づかず泥沼に落ち込む。そのような愚かな人達を見ると、人間て哀しいものですね。と、歌いたくなるでしょうね。誰しも--

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-30 08:53 | Comments(0)

棄権のススメ

田舎の親父が肩肘張って言うことでもあるまいが、私達が一般論として政治家について論ずる場合、政治家らしい 政治家らしくない 政治家としては、と言った観点から政治家を批判することがある。そのような場合には、さほど明確な概念はないとしても政治家について、何らかの条件を考えている。政治家と言っても、国会議員から市町村議会議員、各県府市町村首長など、様々であるが---
 政治家には必要な条件があるはずである。ならば、政治家に必要な条件とは、第一に個性、第二が人間管理の能力 第三は行動力 第四はピシヨンである。これらの条件兼ね備えていた政治家は、田中角栄氏である。金権批判筆頭格にあげられているが、最近俄に角栄本が売れに売れている。
 個性であるが、現代の民主社会においては、庶民の共感を呼ぶだけのアピ-ル出来る個性の持ち主で無ければならぬ。(東京都知事選で小池氏は個性を遺憾なく発揮して290万票を獲得)第二の人間管理能力であるが、現代の政治は政治家一人の作業ではなくなって、政治家はあらゆる場面において多くの人間を使い動かさない限りその役割は果たす事が出来ぬ。ある特定の人びと、少数、多数に関わりなく統率するとともに、それらの人間を使い、また不特定の大衆を動かすーーと言うのが管理能力であり、これらが欠如していれば政治家失脚である。 第三の行動力は、アイデアを生むとか、政策を立案するとか、イデオロギ-の体系を作るとか、そういった頭脳労働は、政治家のパ-トの半分でしかない。政治家は政策を遂行するのが任務である。任務である以上実行のための行動力は不可欠である。第四のビジョンは、現実を理想に接近させる可能性を追求し可能性ある方法を見いだすことが政治家に要請されている。舛添氏は政治家に求められるものは、調整能力が必要だと。自らは、議会・都民への調整能力を発揮出来ずに自滅されたがーー何事も言うことは易く実行は至難である。
 あらゆる選挙の場において、我々が投票行動をする場合は、上記の四点についてどのくらいの資質を備えているかをしっかりと見極めて投票することである。それらの資質がない候補者ばかりの時は、庶民のむなしくも哀しい抵抗として棄権をするに限る。

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-29 10:08 | Comments(0)

国旗・国歌

夏の高校選抜野球の開会式で国歌斉唱の時、高校球児達はテレビで見る限り歌っている様子がなかった。一体どうなってるのか。と友人に聞いたら、君は右翼かという言葉が返ってきた。国歌斉唱さえ出来ぬ高校生を嘆かわしく思う考えは右翼につながるのか。高校野球閉会式を見ていたら、北海高校の選手達は誰一人として国歌を歌っている生徒はいなかった。NHKのテレビが執拗に選手一人一人の顔を写し出していたが。私がなぜ国歌斉唱にこだわるのか。管理職時代に式典には国旗を掲揚し、国歌斉唱を府教委から指導されて、日の丸・君が代論争を職員との間で議論を繰り返した苦しかった過去があるからなのだ。日の丸は戦争の旗だ。若者達が戦争にかり出され、この旗の下で尊い命を失った象徴の旗だ。君が代の君は誰をさすのか。日の丸・君が代の国旗国歌なのか。法的根拠を示して議論をすべきである。法的根拠を示せと言われれば、日の丸・君が代が国旗・国歌であるという法律は存在していなかった。広島県世羅高校で、校長先生が、国旗国歌をめぐって職員と対立し自殺をされるという痛ましい事件が発生し、それを契機として国旗国歌に関する法律が制定された。等々、式典で国旗が引きずり下ろされたり、国歌斉唱の時は、職員が着席をして拒否の態度を示す。職員への説得の難しさをしみじみと味わったものである。そのような経験から国歌国旗に異常な程関心を示すようになった。いやしくもスポ—ッマンであるならば、正々堂々たたかう事は言うまでもないが、国歌もきっちりとうたえる選手であるべきだ。それにしても、学校現場で入学式・卒業式などの予行演習をするときに、しっかりと国歌を斉唱できるような指導は出来ないのか。そのことは、管理職の裁量範囲ではないのか。と思ったりするのだが--
 

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-28 11:02 | 教育・学校 | Comments(0)

独断偏見

人の長所をみとめ短所に目をつむることが、いまだに出来ぬ。過日高校野球の開会式をテレビで見ていたのだが、国旗掲揚に続き国歌が演奏されていたが、高校球児がテレビで見ている限り国歌を斉唱していない様子を見て驚いた。晴れの舞台で堂々と国歌を斉唱できぬとは。野球技術が如何に優れていても人格は未塾だ。それに比べて体操日本金メタル優勝の選手達表彰台で高らかに君が代を歌い上げた。エ-ス内村航平氏は【最高でしたね。声が裏返るまで歌おうとみんなでいっていたのです。】と。その内村航平氏をかって私はこのブログで、先輩には挨拶もしない。態度は傲慢、表彰台で君が代も歌わない。体操技術は優秀でも心技体が備わっていない。と批判したことがある。現在は名実とも備わった素晴らしい選手に成長された。だからこそ団体優勝が出来たのだ。勝手な独断と偏見で言っている。
[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-10 07:35 | Comments(0)

人物論

ふうてんの虎さんじゃないが、【それを言っちゃおしまいよ。】何のことか。伸ちゃんそれを言っちゃおしまいよ。たとえその通りで有ったとしてもさ。男は黙って腹を切る。それでこそ政治家の美学であり器量というものよ。言っていいことと悪いことの判断もつかないのか。何年政治家をやっているのーーと言いたい。今朝の新聞報道。東京都知事選で大敗の責任を取って辞任する東京都連会長石原伸晃が2日の記者会見で【知事選は党本部マタ-だ。お金都連が集めたのではなく党本部だ。責任者は幹事長(谷垣禎一)】と強調した。敗北の責任者は谷垣氏にあると受け取れ、責任転嫁のような発言になった。
と報道している。たとえ党本部が決めたとしても都連会長も諒承されていたのではないの--それに、幹事長は転倒事故で選挙期間中ほとんど関わることが出来ていないではないのか。都連会長が全面に出て指揮をされたのではないのか。出たい人より出したい人と言って絶叫されていたのはだれだっけ--都知事選で大敗した責任を取って都連会長を辞任するのは当然である。言わなくてもいいことは言わない。此の事さえ分かっていないのだから唖然とする。上昇志向は人一倍強いが節度を分けまえぬ器量のなさには今更ながら失望する。そもそも谷垣氏とはそりが合わないのか。かっては、谷垣総裁の時幹事長に抜擢されながら、谷垣氏が総裁選挙に意欲を持っておられたとき、幹事長に抜擢された恩義も忘れ自ら総裁選に立候補され、谷垣氏は断念されたことがあった。平成版明智光秀の再現かと驚いた。
 慎太郎氏と親子げんかをやったとき、伸ちゃんは、空手を使って刃向かってきたとか。慎太郎氏憤慨して曰く、親の金で空手を習っておきながらけしからん--
二世議員はどちらかと言えば世情に疎い人が多いらしい。なんせ、苦労知らずだからーー昔は苦労はかってでもせよ。ーと言われていた。苦労することによって人間が出来る。なかには、苦労することで性格がひん曲がってしまう人もいるがー伸ちゃんよ。あんたもいい年になったんだから、蘊蓄を傾け人情の機微が分かる人になり、人望を得られる努力を遅まきながらでもされては如何。

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-03 13:24 | Comments(0)

世相診断

zg
時は、7月31日の夕方ある方と対談した。【ところで都知事選はどうなるでしょうね。】【午後八時NΗKが早々と小池当確を打ち出すでしょう。】【30日午後6時ごろの民進党岡田代表の代表戦不出馬表明は如何でしょう。】【司令官が党員が必死になって選挙戦をたたかっている最終段階で戦列から離脱する最低だね。たとえ、知事選挙に敗北するにせよ最終結果を見届けてから意志表明すべきだ。政治家じゃない。】【手厳しいご指摘であるがその通りですね。敵前逃亡ですものね。ところで都連会長石原氏の責任は如何でしょう】【 勿論間髪を入れずに辞任するのが政治家かとしての責任の取り方でしょう。】【なるほど、かつて自民党幹事長であった小沢氏が都連の意向(鈴木俊一氏擁立)を無視して強引にNΗKの磯村尚徳氏を担ぎ出し負けたことがあった。そのことで責任を取って幹事長の要職から辞任においこまれたことがあったからな。】【さて、谷垣幹事長か不慮の事故で入院中であるが、安倍総理が直接会って事情を聞くとか、電話で聞くとか言っておられるようですが、如何でしょう。】
 【角栄氏だったら則、病院に見舞いにはせ参じておられるでしょうな。安倍総理も当然躊躇なく病院に足を運びお見舞いをされるのが政治家の情というものですよ】
【そうですね。幹事長として自説(消費税問題等)を押さえて懸命に安倍総理を支えてこられたのですから】ーー安倍総理の祖父は岸信介氏である。過日このブログでも情の政治家として書いた。安倍総理の母洋子氏は岸信介氏の娘である。安倍総理は祖父岸信介氏のDNAを受け継いでおられないのか。そのようなことはないでしょう。

[PR]
by ayabemorinaga | 2016-08-01 06:11 | Comments(0)