綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

人間関係

人間関係を円滑に取り運ぶためには、あれこれしちめんどくさい考えを巡らす必要は無い.道は近きにあり、と昔から言い習わす。つまりは、人に心優しく接すればよい.温かい気持ちを抱いて人に接すればよい.ただそれだけのことである.思い立った瞬間から、しようとすれば出来ることなのだ.そんなことは誰だって知っている.が、之がなかなかうまくいかない.人間は理性的な面を持っているが、感情に支配されて、時にはとんでもないことをしでかす恐ろしい存在でも有るのだ.感情処理をどうするのか.それは、修行に取り組む以外に道は無い.すべて物事にははじめと終わりが有るが、修行にははじめはあるが終わりはないのだ、すなわち卒業という言葉はない。昔ある人が禅の高僧に禅の神髄は何かと尋ねたら,よいことをしなさい,決して悪いことをしてはいけない。といったそうな.それを聞いた人は,馬鹿にされたと思って,ただそれだけか当たり前のことではないか.と言ったとたん、高僧はそんなことは三歳の子供でも知っているが,七十歳になっても行えないではないかと.。ことほど、さように,何事も理解をしていても,いざ日常生活のなかで実行することは難しいのですね。我々は北風と太陽の寓話をしっかりと理解して、人間関係を構築すればいいのだ.わかっちゃいるけど、ですね。
[PR]
by ayabemorinaga | 2009-12-15 10:50 | Comments(0)