綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

反面教師

自民党若手有志の勉強会で、安全保障関連法案に批判的な報道機関に広告収入などで圧力をかけるべきだという意見が相次いだという。報道言論の自由は民主主義の根幹をなす原則である。重要法案への報道姿勢が気にくわないなら、いやしくも言論の府一員である議員は、堂々と言論でもって対峙すべきである。このような原理原則も理解できない議員が与党議員の中にいるとは恐れ入った。とゆうより、議員の質が劣化したのか。しかも自分たちの発言がどのような影響をあたえるのかさえ分かっていない。民主党政権時代に、産経新聞記者が圧力をかけられたという。民主党のある議員から、議員会館の自室に来るように言われた。そして、政治面の記事が事実と異なる。と抗議を受けて、謝罪をした。訂正文の掲載を要求されると思っていたら、記事を書いた記者をはずせ。と命令口調だ。最初は冗談かと思ったが、某議員の表情が本気だと知り、それは筋が違うと反論した。前原誠司政調会長のことを【言うだけ番長】と書いたら、記者会見から産経新聞記者が排除された。さらに、管直人首相の記者会見で挙手しても挙手しても無視され質問の機会を与えられなかった。また、いまの、発言はオフレコです。いいですか、皆さん書いたらその社は終わりだから-と恫喝した議員もいた。岡田克也代表が記者会見で、驕りでしょうね。自分たちに権力があると、メデイアを自由に左右出来るというそういう驕り結果の発言でしょうね。自民党若手議員の発言を批判されている。民主党も政権担当時代にも随分驕りと傲慢な態度の議員が多くいなかったか。そして気に入らぬ記事を書く記者を排除た。その結果が政権与党からみるみるうちに転落し、議員の三分の二が議席を失った。この民主党の姿勢を、今回政権与党の自民党若手議員も反面教師として、しっかり見習らべき時である。驕ればたちまち政権与党から転落して今民主党が味わっている悲哀をかみしめなければならぬ羽目になりることを。
 追記 マスコミも言論の自由だと言っておごってはならぬ。そこには、守るべき報道倫理規定があってしかるべきだ。それを逸脱するようなことがあってはならない。自由の自由などあり得ない、規制の中での自由だ。批判されている与党議員先生の気持ちも分からぬではないが、そこはじっとこらえて大人の対応が必要だ。かっては、マスコミが政権交代をじっげんしてみせると豪語していた某編集長もいたからな。これらも驕りの最たるものだ。マスコミも権力批判はあってしかるべきであるが、外国からつけいられるような記事をかいたり、どこの国のマスコミかと見まがうような記事を書くマスコミもあるから、国民もマスコミに対して批判力を養わねばならぬだろう。
[PR]
by ayabemorinaga | 2015-06-30 15:05 | 政治・議会 | Comments(0)