綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

風の行くへ(叙勲祝賀会)

昨日は,松本元副市長・木下元市会議長の合同叙勲祝賀貝会が京あやべホテルで、四方八洲男元市長が発起人で開催されたのでお祝に参加した。ホテルロビ-元府教育長武田盛冶先生に久しぶりに出逢った。安場で週3日百姓をし後4日は京都で生活をしていると言う近況聞いた。安原道夫元教育長が昨年11月になくなられたと言う事もお聞きした。安原元教育長が現職の時、森永さんが昵懇におつきあいしていられる校長先生と一献傾けましょうと、お誘いを受けて,有志5/6人と丸太町界隈の隠れ家で団らんしたことを思い出し,先生の安らかなご冥福を遅まきながらお祈りした。
 
ホテル二階に上がると受付は混雑を極めている。総勢約200名の参加者であるから大変だ。受付を済ませて、ロビ-いると,渡辺博幸君に出逢った。私が議長当時の。事務局長だ。渡辺君から退職まで事務局長で過ごしたい言うことであったが、どうしても,総務部長へとの理事者の強い要請で渋々承諾をしたことが蘇る。
 樋口市立病院事務局長にも出逢ったが,現在青野に家を構えて住んでいるが,役職から解放されて,ほっとしているとのことであった。久しぶりに,元気はつらつとした市役所OBの顔を見る事が出来た。角山・渡辺明夫君の顔を見なかったのは,少し寂しい気がした。 
  
祝賀会で私の横が,議員の大先輩である平田喜久夫元市会議員であった。平田さんがおっしゃるには,私は42歳で市会議員になり61歳で議員を辞めました。現在91歳ですが,畑事を少しばかりと,庭の草引きをしていると言うことであった。ボケ防止の意味で出来ル限り人中に出るよう心がけているというお話には、全く同感である。
 平田さんが、私が市会議員をしている時には、議長になれば,綾部市在住の元議長副議長経験者の所へ就任のご挨拶にお伺いした。という話を聞いて,私が石原高校長に就任したとき,事務長の配慮により,近隣にお住まいのもと石原高校長宅へタクシ-を借り上げて挨拶お伺いしたことを思い出した。そのような絆を深める風習は時の流れに従って日に日に薄れていくが,時たま思い出したように,絆・絆と言われるが,言葉ばかりが一人歩きをして中身の伴わぬ陳腐な言葉となりつつある。
                                                                     宴会の席でご一緒する機会は少なくなったが,昨年の物部五叉路完成祝賀会の時、今回と山崎市長自ら先にご挨拶をいただき恐縮した。今回山崎市長とお話をしていると、どこからともなく山崎先生(山崎市長の御尊父であり、私の高校時代の恩師)が,森永はん,ブログに義理だ,人情だと、したり顔して口幅ったい事を臆面もなく書いているが,私の仏前に今以て一度も参りにも来ないではないか。そんな偉そうな事が言えるんかいな。と言う声を聞いたような気がしたので,近々お参りをする約束をした。
[PR]
by ayabemorinaga | 2016-02-21 12:28 | 教育・学校 | Comments(0)