綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

望春

毎日寒い日が続く,昨日は久しぶりに春を思わすようなうららかな一日であった.昨今は一日千秋の思いで、春の訪れを待っている.この頃は身体の芯から凍るような寒さだ.体と同じように心まで凍てついて溶けそうもない。心がかちかちに凍てついているから思考能力もゼロだ.時の流れに身を任せて何の意欲も湧かないままの日々が続く.人生の終点がかすかに視界の中に入ってきた.人生の終焉も春に越したことはない.満開の桜がそよ風にひらひらと舞い落ちるように人生の幕が閉じられれば最高だ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-02-21 09:59 | Comments(0)