綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

散る桜残る桜も散る桜。今日は先輩の葬儀に参列した.この年になると葬儀でしか知人に会うことはない。寂しい限りだ。お互いお顔を見て元気そうだとほっとする.やがては我々も遅かれ早かれ先輩の後を追う事になる。まさに,残る桜も散る桜のようだ。諸行無常の風が吹きあられる.昨今は生きる事も苦しみだと実感せざるを得ない。四苦八苦の生老病死だ.この頃はひとしきり我が身の回りを死に神がぐるりと取り巻いている.折りあらば死の淵に引きずり込もうとしている。くわばらくわばら-と思わず手を合わす.でもよく生きてはきたなと我が身をほめたくもなる。健康は親からの贈り物だと云われる.私は母親の遺伝子を引き継いだようだ。母親は91才まで生きた.母親の親も長生きした.いつまで生きるか分からぬが寿命の続く限り生き抜くか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-04-13 18:17 | Comments(0)