綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

ぼつぼつボケが

似たもの夫婦、割れ鍋に綴じ蓋、などと夫婦関係をいいえたものがある.ぞんざいな言葉で夫婦が長年会話をしていると,無感覚になってしまうが,突然妻からぞんざいなで野卑な言葉わ投げかけられると、こころにずしんとトゲが刺さったような感覚に襲われる。俺も随分ぞんざいな言葉を意識せずに妻に投げかけていたなと反省する。さりとて今更丁寧な言葉を使えるわけがない。でも言葉は丁寧に慎重に相手の立場に立って使わなければ成らぬ。親しき仲にも礼儀あり。だ。そのような気配りをしなくてはならぬなら話さなければいいとも思う。がそれでは夫婦の会話が成り立たぬ。昨今生きることも苦であると痛いほど実感する。おい-何を言いたいのかこの文面では分からぬよ。俺も何を書いたのか分からぬ.ボケの始まりか。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-04-23 13:50 | Comments(0)