綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

礼節とは

府立工業高校長第十一代校長大島浩樹君が挨拶に来てくれた。そういえば、私が石原高校に着任したとき、タクシ-で挨拶回りを行った.地元在住の元校長先生であった天野先生、大島唯夫先生、並びに、大橋‥岡野府会議員、PTA会長、校医‥高倉同窓会長へ行った。東舞鶴高校に着任したとき.また、退任したときも同じくあいさつにお伺いした。昨今にそのような儀礼的なことは、だんだん廃れていくようだ。府教委もそのような指導は成されていないだろう.昔、むかし、武田盛冶教育長私に校長先生が定年退職されるときには、どのようになっているのですか.と尋ねられたことがあった。退職最後の3月31日に事務職員に挨拶をして去る程度のことです。それはお粗末ですな、長年教育に携わられ退職される時は、副校長が中心になって、学校でクラブ活動をしている生徒を集めて、事務職員も校門に整列してお送りするのが礼儀でしょう。と言われた事があった。定年退職をされる校長を抱えている副校長はその程度の気配りが出来なければ、副校長の資格がないと言う極端な考えを私は持っている。日本古来の武道は、礼にはじまり礼に終わる.と言われるぐらい礼節を重んじた.その伝統を守り維持していくことは、教育に携わっている管理職の義務だ。しかし昨今はそのような礼節を重んじ率先して実行する管理職は貴重な存在のようにお見受けする。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-05-16 11:24 | Comments(0)