綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

役員就任依頼に

今日は、朝から綾部高校同窓会役員就任依頼に大槻役員銓衡委員長と、出しゃばり狸いい加減で引っ込んでいろと揶揄されているのを承知で、各家に就任依頼に同道した。固辞される方もおられれば、快諾をいただく方もある.快諾される方は一度役員依頼を経験をされている方だ。相手の心情が痛いほど分かるからだ.相手の立場になって考える。云うことは簡単だがいざ実行するには、決断力が必要だ.自分がその立場に立って始めて分かる.経験を経てこそ理解できる.役員銓衡委員会で選考された方々がほぼ固まった..新役員の方々は会長を中心に同窓会発展のためにご尽力を賜りたい。田舎の自治会役員銓衡も大変だ.自治会長を簡単に承諾すれば、門はいて待っていた.なんて無責任きわまりないことを云う御仁がいるものだ。だから簡単には承諾されない。二度三度足を運んでお願いすることになる。とにかく白羽の矢が立った人に徹底して依頼しなければならぬ。ダメかと、あきらめて次ぎの方へ依頼に行けば、俺は二番目かとむくれ到底引き受けてくれない。故に最初に白羽の矢が立った人に徹底して、いやさ、平身低頭してお願いすることになる。依頼をしている人の立場になっても考えていただきたいものだ。でも、之は体験しなければ到底分からぬことだ。いかなる役職の選考委員てあれなられた方は、ご苦労なお仕事だ。とつくづく思う昨今だ。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-05-26 15:05 | Comments(0)