綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

無冠

昨日の綾部高校同窓会総会で、教職員時代から五十数年にわたって携わってきた同窓会役員を辞任した。正に無位無冠のご隠居なった。ほっとしたとか、やれやれといった実感はない。余生の時間も先が見えてきた。定年退職後は市教育委員として7年あまり、69才にして一念発起市会議員に立候補し2期勤めて引退する.市会議員退任後は、母校綾部高校の活性化について四方府議と連携して有志10数名と取り組みをするもいっこうに成果は得られぬ。綾部の人財は綾部高校でこそ育成されるべきだ。その思いは今も変わらぬ。志をともに共有して頑張ってくれた有志に感謝である.粘り強い取り組みが必要だ.定年退職後の生き甲斐は何であったのか.反省をする昨今だ。いやいやつべこべ言わずに、老兵は静かに消えゆくのみ-かも知れぬ.いろんなことに口出しすると晩節を汚す事になる.今更俺が晩節をけがしたと想っているのかとせせら笑っている御仁もいらっしゃるだろう。それは承知の上よ.俺の晩節なんてうすら汚れて眼も背けたなるよ--とかか大笑している人の顔が浮かぶ。それもよかろう。人の口を塞ぐことも出来ぬ。総会後の懇親会の席で相席になった湯川副校長は隠居が感心するくらい気配りをしてくれた。湯川副校長とは長いつきあいだ。隠居の裏も顔も表の顔もご存じだ。しかし、歳を取るとちょっとした気配りが嬉しいものだ。湯川副校長に感謝。 追記 無冠になったとたん、あんなのについて行けば酷い目にあうとばかり、および腰、へっぴり腰で逃げたす輩がいるからおもしろい。 へっぴり腰で逃げたす輩を追いかけて思い切りひっぱたいてやったらどんな顔するだろう。相変わらず意地の悪い考えは昔と変わらぬな。当たり前よ。年寄りの僻み根性ってやっさ。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-06-11 09:39 | Comments(0)