綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

生は苦なり

四苦八苦の内四苦とは、生老病死である.生きることが苦とは考えもしなかったが、昨今は、なるほど生も苦であることだと言う事が実感できるようになった。生きることも苦しみだ。贅沢いうな.健康で生きられることに感謝ことすれ、生きることが苦しみだとは神を恐れぬ言いぐさだ.左様かも知れぬ.之まで大病をすることもなく生きてこられた。病の苦を経験したことがいまだないからそのような勝手な言いぐさが口をついて出る.恐ろしいことよ.でも、生きることが苦であるという思いは事実なのだ.左様な贅沢きわまりない思いは八十路も半ばを過ぎぬと分からないかも知れぬか゛今は健康かも知れぬがやがて病に冒されて七転八倒の苦を経験することから逃れることは出来ぬ.生きる--100年生きる時代が到来した。されど、人人はいろんな思いを重ねながらやがては西方浄土へ趨くことになるのだろう。人生無常いや世の中無常いやまてよ.世の中空かも知れぬ。人生無常だ空だとほざいているが、ご隠居ほんとに分かっていっているの-分かっている。しかし分からぬ事も多いい.分からぬことがあるのが人生なのさ。生は苦なり.之こそ事実だ。この事実を踏まえて如何に生きるか。これこそ晩年を生きるための哲学だ。生は苦なりを乗り越えて如何に終活を整えるのか。おい-ご隠居脳みそが縮み始めたのか.大丈夫か.本当に-気は確かか。へんなブログを書き殴り始めたけれど-
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-06-12 07:45 | Comments(0)