綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

お灸談義

今の若者には、無縁の存在かも知れぬ.私は幼いときから、よく癇の虫にきくといわれて、祖母にお灸をすえられた.背中に上と下の二カ所にお灸をすえるツボがある。祖母にすえられた.のは、背中の下の部分である.ちょうど臍の裏側だ.とにかく熱い.じっと我慢比べだ.幼い頃はよくお灸をすえられるとわめいていた>お灸は三里の灸と臍灸は自分ですえることが出来る。しかし背中の灸は人に頼まなければ成らぬ。すえてくれる人の気持ちがよく分かる.めんどくさいとか、嫌々とか、いらいらしながらと言ったお灸をすえる人の気持ちがすえてもう人には、こころを見通すほどよく分かるのだ.なぜかは知らぬ。お灸をすえてもらっていると気持ちよくなり眠たくなることがある。そんなときは、お灸をすえる人が真心を持ってすえているときだ。私の健康法に一つがお灸だ。月一回程度だ。お灸すぐには効かぬが徐々に神経が刺激されたのか、身体全体がしゃきとしてくる。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-06-23 09:53 | Comments(0)