綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

隠居の屁理屈

暑い。とにかく暑い。灼熱地獄の底に放り投げ入れられている様だ。灼熱地獄の底から這いだそうともがいている昨今だ。こう暑くては、後期高齢者には堪える。身の置き所がないとは、かような様を言うのか。されど夕方になれば、一陣の風が吹くことがある。思わず、極楽極楽とつぶやきたくなる。昔ク-ラ-の無き頃は、夕方になると縁側に縁台を持ち出し夕涼みをしたものよ。本題に入ろう。お盆には、13日には夕方迎え火を焚いてて先祖を家にお迎えする。ところが先祖様が家の仏壇におわすのに、墓参りをして拝んでいる。何のための墓参りだ。よく分からない。ご隠居屁理屈など言わずに。昔から行われてきた風習に盲目的に従えばいいのよ。そうだろうか。そうよ。16日に送り火を焚いて先祖をお墓に送ってから墓参をするのが当然ではないか。ご隠居頭は正常に働いているかね。あつくて正常化どうかも分からぬ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-13 11:50 | Comments(0)