綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

謹啓 西脇知事

西脇知事の御尊父を私は存じ上げている。義兄が国会議員に出馬するとき西脇知事の御尊父西脇庄一府議が選対本部で中心になって熱心にご活動いただいた。そのお姿は今も我が脳裡に彷彿とうかびあがる。それはさておき、京都府教育委員会の教育委員に是非高校教諭‥小中教諭からそれぞれご推薦いただきたいと思っている。かって、林田知事当時副知事であった野中副知事は、高校から故藤田一先生、中学から西田先生を推挙された。それは革新府政からの保守府政に転換したので過信教育委員会の体質改革が必要であったことも影響している。革新府政の教育施策が染みついている教育現場の意識改革を推進する施策の立案には教育現場経験者の意見を聞くひっようがあったかも知れぬ。私は、教育現場の経験者が教育委員であれば、具体的な施策の提言が出来るからである。教育委員会が行政経験者ばかりであると施策が抽象化する恐れがある。教育委員会は、施策を推進するときは検討委員会を設置してその中に教育現場経験者も入れていると反論するだろう。水産高校・石原高校の学科改編の時は産業教育委員会の検討を経て改革施策を実践したと云われるだろう。それは当然の手続きである。私は教育委員には、二人ぐらい教育現場の経験者がいることが施策の活性化を推進するときの審議が具現化することは間違いないと思っている。故に、教育委員に現場経験者を任命していただきたいと思う。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-10-18 11:51 | Comments(0)