人気ブログランキング |

綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

教育随想その2

小学校教師こそ教師冥利に尽きる。と断言されているあなたが、なぜ小学校教師を卒業して高校へ変わろうとしたのかをききたい。小学校の先輩教師達の管理職への異常な執着にいやきかさした。壁地校に勤務して管理職への道をさぐる。そのことが悪いこととは云わない。私が綾部市の教育委員をしていた時、管理職面接があり、あなたはなぜしんどい管理職を目指そうとされるのですか。と尋ねたら、学校経営をやってみたいという答えが返ってきた。いかなる学校経営を考えておられますかと尋ねようと思ったが、口をつぐんだ。私の質問は難しいと評判になっていたらしい。そのことも知らずにずにのって質問していた我が恥ずかしい。学校経営を教職に就いた以上一度はやってみたいという自負心はよしとする。。されど、いかなる学校経営を目指すのか、実際、管理職になれば、自由奔放は学校経営は出来るものではない。学校経営の基礎基本は全教職員がベクトルをそろえて学校が掲げる教育目標に向かってすすめる、リ-ダ-が管理職の責務だ。さて。教育委員会は、管理職評定をいかなる観点からしているのだろうか。教頭のスペアはいくらでもあるが、校長のスペアない。校長の不祥事は教育委員会の責任だ。

by ayabemorinaga | 2018-12-19 09:55 | Comments(0)