人気ブログランキング |

綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

政界雑感

信なくば立たず。この言葉は政治家にとって基本理念でなければならぬ。如何に口では人触りのいいことを云っていても、行動がすべてを表している。言行一致こそ政治家に最も求められる条件だ。責任ある地位に着くと最も現実らしくふるまうが、立場が変わると無責任な事を言い出す連中信ずることは出来ぬ。政権与党の時には黙認していながら、野党に成り下がったら反対のことを言い出す。さような政治家を信ずることが出来るのか。有権者はしつヵりと政治家の行動を注視して投票行動をすべきだ。虚偽妄言を云って有権者を騙す政治家を見限る事が大事だ。いやー与党にもいるかも知れぬから有権者はきっちりと見分けるべきだ。野党第一党立憲民主党は会派入りの条件として原発ゼロ米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設見直しを求めているらしいが、民主党政権鳩山総理は最低でも県外と主張し挙げ句の果て見つけられなかった。辺野古反対を掲げている枝野代表は当時行政刷新担当相で在り閣僚として辺野古周辺を移転先として日米共同声明に基づき移設計画推進とする対処方針閣議決定した。彼らは閣僚として対処方針に署名したのではないか。過去の政治行動は切り捨て、立憲民主党は今では新しい政党だ、と開き直っている。そのような政党が何を言っても信ずることは出来ぬ。有権者の目にはどのようにうっっているのか。来年の参議院選挙で明らかになろう。
by ayabemorinaga | 2018-12-21 10:20 | Comments(0)