人気ブログランキング |

綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

追悼

教職に携わった同級生五人のうちの一人岩上君の訃報を聞いた。彼に出逢ったのは7月頃市立病院であった。奥さんは協立病院にいき自分市立に娘の運転できた。と云っていた。病名は聞かなかったが元気そうであった。足が痛いのか杖はついていた。高校‥大学も一緒だ。彼は器械体操が得意であった。体育の教師として勤務した。退職後は果樹の栽培に精魂を傾けていたと聞いている。同窓会の理事をしていたので時たま出逢うこともあった。とにかく器用な人であった。トップ車を運転していて操作を誤り畑でひっくの反った事もあると聞いた。この年になると友の訃報を聞いても不思議ではないが、なぜか無性に悲しくなる。そう慌ててあの世に趨かなくても思うのだが-世の中の無常かひときわ身にしみる。諸行無常の世の中であることは知っているがー現実に出逢うと哀惜の念が心を揺さぶる。一人また一人とこの世から去っていくのを見聞きするのはほんとうに辛い。彼の御霊のとこしえに安らかならんことを祈る。合掌。

by ayabemorinaga | 2018-12-28 09:12 | Comments(0)