綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

気候と性格

気候が人格形成に影響するだろうか。ふとそのような思いに駆られる。別段理由はない。私が生活の根拠にしている山陰地方は弁当忘れても傘忘れるな。といわれるとおり秋口から初冬にかけてはよく時雨れる。瀬戸内地方は山陰に比べて穏やかにな小春日和がつづく。瀬戸内に住みたいと何度おもったことか。甲斐性がないため移住する勇気もない。山陰地方の人は気候が影響して粘り強くないか。いや-やや陰気くさいところが在りはしないか。あっけらかんとしたところがない。ねちねちとしつこいところがある。と考えるのは偏見か。されど何となく気候が人格形成に影響を及ぼしていると思われる節がある。どんなところかか、と聞かれても返答しょうがない。漠然とおもうだけ-しかし、間違っていないと確信している。気候と人格形成に関する本が出版されていたと思うのだが-これとて思い違いか。昨日から雪が降っている。寒い。寒さに抵抗力がない私はひときわ寒気が身にしむ。青壮年の時は雪降りは寒さで身体がしゃきっとしたが、昨今では骨身にしみる。
by ayabemorinaga | 2018-12-29 09:19 | Comments(0)