人気ブログランキング |

綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

美田を残さず

子孫に美田を残さずとは、西郷の言葉だ。財産を残せば骨肉の争いが必ず起こる。財産は生存中にすっかりと使うことだ。財産がなければ争いは起きない。されどわずかばかりではあるが子ども達のために残してやりたいと思う親心はある。私の父親は何も残してくれなかった。しかし、勉強がしたければどんな無理をしてでも学資は調達する。と言ってくれた。父親のおかげで現在の暮らしがあると感謝している。親孝行したいときには綾は亡し。正にその通りだ。後悔しても悔やんでも親には通じない。親のお墓の前に布団を着せるわけにも行かぬ。現代の子ども達は親孝行の何にたるやも知るまい。自己中心の子どもがあまりにも多くいないか。いや、損得勘定でしか物事が考えられぬ子どももたくさんいる。教育現場の先生は勇気を持って親孝行とはなにか。シッヵりと教えなさい。
by ayabemorinaga | 2019-01-06 08:48 | Comments(0)