綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

選挙必勝論

選挙必勝の秘訣があるか。日本人は勧善懲悪の思想が染みついている。権力者にいじめられていると言った構図に持ち込めば必ず勝てる。昨今の衆議院選挙に見られるとおり、希望の党に入りたかったが小池代表に排除された人達が集まり立ち上げた立憲民主党が野党第一党に躍進した。権力者からいじめられていると言う構図に持ち込めば勝てると云うことだ。権力者が大物であればあるほど、その権力者に対立する(党・候補者)が民衆の心をわしづかみにする。小池氏しかりだ。自民党から東京都知事に出馬表明したとき、自民党幹部冷ややかな視線を浴びせ、自民党都連幹部は立候補の挨拶がなかったと批判し、公認もせずに対抗馬をたてた。都民は自民党の仕打ちに反発し判官贔屓を遺憾なく発揮した。 
 かくなる事例でも分かるとおり、日本人は判官贔屓という体質を持っている。これを逆手にとって、私は、権力者にいじめられているというポ-ズを有権者に示すことが対立候補があるときは有効な手段になる。相手候補を批判したり、ぐちやぐちゃ屁理屈を言ってもダメだ。有権者は感情で投票行動を示すことを知るべきだ。いや、選挙必勝法だ。されど力量のある対立候補がないときは効果がない。

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-29 11:42 | Comments(0)

檄辛御免

希望・野望・誹謗・絶望の党ひきいる平成の天一坊を名乗る小池代表の両院議員懇談会は嵐をよぶ女こと小池代表の非難合戦と相成った。その様子を見かねたのか、橋下徹前大阪市長がッィタ-で小池さんの看板がなければお前らはほとんど落選していたんだよ。一度は小池氏にたよって当選すれば手のひら返しー良くもよってたかって言いたい放題ー之が民進党出身者の本領発揮と云うとこか。言論の自由が保障されているはいいけれどなーー小池代表も民進党出身議員の言いたい放題には我慢の尾が切れたのか、民進党はこうやっていたのかと拝見した。自民党の知慧はもめにもめ、議論し、決めたら従うんですよ。これまでの議論を見ているとそうでははないですよね。これまでの独裁的党運営に憤る民進党出身議員。分かっていながら民進党から希望の党へただひたすら当選したいが為に代わった連中。彼らはヤドカリ議員か。小池氏も、はしにも棒にもかからない雑兵をかき集めて天下取ろうともくろんだからたいした度胸だ。この雑兵風向きによっては、いつ脱走するか知れたものでない。雑兵集団の希望の党の統治も大変だろう。孔子の説いた政治の要諦は信なくばたたずだ。希望の党の議員は信なくばたたずなどくそ食らえと当選するために言行不一致は当たり前よ。と、意気軒昂かも知れぬ。やがて、秋風が身にしむ時期がやってくるだろう。諸行無常。傍若無人の言質御免な。

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-27 12:49 | Comments(0)

続辛口御免

希望・野望・誹謗・絶望の党ひきいる平成の天一坊と名乗る小池代表の両院議員懇談会は嵐をよぶ女こと小池代表の非難合戦と相成った。その様子を見かねたのか橋下徹前大阪市長がッィタ-で小池さんの看板がなければお前らはほとんど落選していたんだよ。一度は小池氏にたよって当選すれば手のひら返しー良くもよってたかって言いたい放題ー之が民進党出身者の本領発揮と云うとこか。言論の自由が保障されているはいいけれどなーー小池代表も民進党出身議員の言いたい放題には我慢の尾が切れたのか、民進党はこうやっていたのかと拝見した。自民党の知慧はもめにもめ、議論し、決めたら従うんですよ。是までの議論を見ているとそうでははないですよね。これまでの独裁的党運営に憤る民進党出身議員。分かっていながら民進党から希望の党へただひたすら当選したいが為に代わった連中。彼らはヤドカリ議員か。小池氏も、はしにも棒にもかからない雑兵をかき集めて天下取ろうともくろんだからたいした度胸だ。この雑兵風向きによってはいつ脱走するか知れた者でない。雑兵集団の希望の党の統治も大変だろう。孔子の説いた政治の要諦は信なくばたたずだ。希望の党の議員は信なくばたたずなどくそ食らえと意気軒昂かも知れぬ。やがて、秋風が身にしむ時期がやってくるだろう。諸行無常。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-27 12:49 | Comments(0)

政界漫談

私の知る限り、政党名を継続しているのは、自民党・公明党・共産党ぐらいだ。いろんな政党名が現れ消えゆく様は、方丈記冒頭の【ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例しなし。】まさによどみに浮かぶうたかたのごとき存在だ。消えたりひっいたりの繰り返し。野党政治家は、なぜ集合離散を繰り返すのか。選挙に勝ち残るためには、政治家の矜持・思想信条もかなぐり捨てて、いかなる政党から出れば当選可能かと血眼になっている。政党は選挙互助会だと勘違いしている政治家もいる。さような実態をみるたびおいおいしっかりしてよ。と、愚痴りたくなる。左様な政治家が、日本の政治に携わるのかと思えば、希望などなく絶望だ。朝鮮有事に備える政策をうったえる事をせずして、もり・かけ問題ばかりを、さも重大問題だとばかり叫びつつける政党もいる。国民の平和と安全を託すのはどの政党か、国民の判断くだされた。国民の信託を得た自民党はシッヵりと国民の期待に添う政策を実行されたい。ひたすら謙虚にひたむきにーー国民の声をしっかりと聞きながら-これじゃー政界漫談とはいえず要望か。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-25 10:34 | Comments(0)

慢心・傲慢

なすこと、やること、が、うまくいくと人の心に驕りという化け物がうごめき出すと書いた。慢心・傲慢も似たようなものだ。人の世は、下り坂もあれば、上り坂もある。慢心傲慢・驕りが頭を持ち上げるのは上がり坂の時だ。そうそう人の世は、自分の思うどおりには成らないからおもしろいのだ。
 今朝テレビを見ていて思ったことがある。気配りが、如何に人の心を動かすかと云うことだ。小泉氏の人気の原因は、【絶妙なる語り口と気配り】に、ある事を実感した。小泉氏が演説中に前列の女性がしゃがみ込んだ。それを見た小泉氏はすかさず演説を中断して、女性の傍に駆け寄り大丈夫ですかと声かけをした。普通は、そのような事柄を無視して演説を継続する方の方がダントツに大いいはずだ。小泉氏には、傲慢・慢心・驕りのかけらもない。たただひたすら庶民の立場を大切にしている。三十代の若者が、世間からちゃほゃーされれば傲慢、慢心に成るのが普通だ。彼にはそれがない。きさくに、民衆の中に飛び込んでいく姿勢は見ていてさわやかだ。政治家は、彼を政治の師としてみらなうことだ。慢心驕り傲慢とはきっぱりと縁を切れ。ただただ愚直に政策をかたれ。ただ一つ、小泉氏は人の意見を素直に聞かれる方なのか。その点は不明だ。政治家を志す人は、人の意見にも耳を傾けル謙虚な姿勢が求められる。人の意見に聞く耳を持たない政治家は要らない。しかし結構このような態度の政治家がいるのよ。悲しいかな--
 徹底した気配りの出来ル政治家を理想として、その理想に向かって全勢力を傾け給へ。政治に携わる皆様よ・

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-23 11:09 | Comments(0)

選挙[政治教育】

衆議院選挙も早終盤あすは投票日だ。若者達には必ず投票に行って欲しい。君たちの未来がかかっていることを自覚する事だ。目先の甘い言葉に迷わされることなく自分の頭でしつかりと判断することが必要だ。高校三年生が選挙権を獲得した。高校における政治教育は中立を維持しなければならず、如何にあるべきかは悩ましい問題である。されど教師は逃げることなく適格なる判断が出来ルよう政治教育に取り組むべきである。週刊新潮の文句でないが、信じたあいてが[政党・候補者】悪かった。信じた自分が馬鹿だったと臍をかまない賢明な選択が出来ル人に成るために--さて、教育現場ではいかなる政治教育が実践されているか。

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-21 07:04 | Comments(0)

如意・不如意

人生には、何をやってもとんとん拍子にうまく事が運ぶこともあれば、何をやっても悉くうまくいかないことがある。私が教職の時に、人生不如意だとうそぶいたら、それを聞いた同僚が、あんたの如意のごとくになれば世の中恐ろしい。とあざ笑われた。私はよほどの無頼漢と思われているようだ。私と同じような無頼漢がわんさといると思っているが-それらの人が、わが人生如意なれとあがいている。が、不如意な結果になっている。だから、世の中捨てものではない。世の中一部の人の如意のごとくになれば地獄だ。不如意の結果、悪あがきをすればするほど、自滅・転落をしていくのが世の習いだ。人智の及ばない宇宙の掟が支配している。されど、浅はかな人間は我が人生如意成らんと悪戦苦闘している。だから人間は憎めない。--人生は、如意、不如意の繰り返しだから人生なのだと達観することだ。如意の時は獅子奮迅の行動を、不如意の時は、成らぬ堪忍するが堪忍を徹底せよ。されば、自ずと道は開ける。

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-19 09:19 | Comments(0)

言葉は命

政治家は言葉が命だ。簡潔明瞭に話かけることが重要だ。言語明瞭意味不明では困る。日本は神の国と発言して総理の座を棒に振った御仁もいる。総選挙の最中に消費税増税発言をしたが国民の怒りに触れ、慌てて撤回した挙げ句の果て、惨敗をした総理もいる。今回の総選挙自民党の優勢が報道されているが、政府高官が失言でもすればたちまち選挙の風向きが変わり地滑り的惨敗の憂き目を見ることになれかねない。さほど、政治家の言葉は重いなのだ。弁舌さわやかなれど、内容は空疎では国民の信頼は得られない。選挙での中傷合戦ほどみにくいものはない。ヤジもしかりだ。政権与党は大衆迎合的な発言は慎重にすべきだ。当たり前。あんたが偉そうな口を利くこともない。それもそうだな。ー政治家が、演説に横文字を使って話すのには反吐が出る。日本人なんだろう、日本語で話せよ。と言いたい。演説に横文字をならべたてれば大衆は賢い人であると思うと思っているのか。そんなの自己満足に過ぎぬ。日本国には、れっきとした日本語があるのだ。日本語でしっかりと分かるように話せよ。と言いたい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-17 10:43 | Comments(0)

信なくは゛

信頼がなければ政治は成り立たないだろう。政治では信頼こそが基礎基本である。信頼関係を壊さないために人人は理不尽な事でも我慢して行動する事がある。時には、政治には情がなければ成り立たぬ。人間を行動に駆り立てる根底にあるは、情緒なのだ。俺は信頼されている。期待されている。頼られている。だから、俺は彼のために全力で出来る限りの支援を惜しまない。時には、人は非情な裏切りをする事がある。信頼していればいるほど裏切り行為に接したときには失望と落胆で自分を見失いとんでもない行動をする。小人になりはてる。政治は、時には、許すと言う寛容さかなくてはならぬ。それぞれ云うに云われぬ事情がある。目の前の行為にのみ目を奪われて恩義を忘れちゃーおしまいよねえ-皆の衆-政治を志す人には、信・情・寛容・恩義を求めたい。
 追記 私にも、過去に、約束を反故にすると言う不信行為をしたことがある。この約束を果たす事が出来るのか。出来る機会があれば苦渋の選択をしてやらなければ男が廃る。とは、これまた傲慢な態度か。

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-15 15:08 | Comments(0)

ル-ルは何のため

高校には校則がある。校則に関わって、保護者・生徒と学校当局と悶着を起こすことがある。なぜ校則があるのか。なぜ校則を守らなければ成らぬのか。生徒にも・保護者にも納得される説明が必要だ。世間に決まりがあるのは、争い事をされるためである。まず生徒が社会生活を始めるときに遭遇するのは交通ル-ルだ。法律の目的については、何度かこのブログに書いてきた。校則を守ることは、生徒が世の中に出たとき、諸規則を遵守する習慣を身につけるためだ。世の中にはいろいろな決まりがある。その決まりを守って生活をすることが争いを無くする事が出来る。されど、争い事の解決が出来ないときは、最終的には裁判で決着をつけることは世の常識だ。それぞれの所属集団にも規則は存在する。規則に基づいて運営をすることは所属集団員の鉄則だ。規則破りを放置すれば集団運営が出来ぬ。さて、皆様のご意見は遠慮のない、厳しいコメントを是非 
 間違いをご指摘いただければ、反省することはいとわぬ。    

[PR]
by ayabemorinaga | 2017-10-14 10:27 | Comments(0)