綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

無常の世の習い

祖母の寝物語に聞かされた話。祖母と寝室をともにしていたのは高等学校まであつた。私は一つ下に妹がいたので祖母に育てられた。祖母のおかげで私は極端に寒がりだ。なぜかというと、祖母が私が幼児の頃風邪をひかせないためにと厚着にされた。さて祖母の話、藤懸旗本の娘が報音寺へ使いに行くために,小畑から報音寺に通じる山道で追いかけてきた侍に切られ命を落とした。侍が刀の血をぬぐうために山道の傍の池で刀を洗ったために,池水は今濁っているのだ。と、聞かされた。その池が小畑のどこらにあるのかは知ら。一度尋ねてみたいと思っている。又その話は事実なのか検証することだ。祖母が誰から聞かされたのかは知らぬ。おそらく言い伝えであろう。言い伝がどれほど残っているも知らぬ。私が住居を構えている西坂では古文書は出てこない。古文書を読み解くために史談会が存在する。しかし古文書はないが西坂歴史を語る会が活動している。西坂は,赤目坂村と西ノ保村に二分されていた。赤目坂村には、旗本藤懸がある。藤懸旗本の庄屋が私の家の上にあった。そ庄屋の跡地は代官屋敷と呼ばれている。その庄屋は請け判[連帯保証]で逼塞した。連帯保障の口利きをした人は,言葉巧みに儲かる話をしたのだろう。言葉巧みにもうけ話をする人に欲につられて引っかかると大損をする、之は今も昔も変わらぬ。何回かに分けていろんな物品が競り売りに懸けられて,なにも残っていない。おそらく価値のある書類があったことだろう.逼塞によって書類が散逸することは残念なことだ.これも時の流れ世の習いか。無常の極みだ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-30 11:01 | Comments(0)

宰相夫人像

宰相夫人の理想像とはいかなるものか.週刊文春‥新潮が安倍昭恵氏の特集を報道しているのをみてふと思った.吉田宰相にはコリンちゃんの存在があった.池田宰相には満江夫人この人は,池田宰相が難病に侵されたとき献身に尽くされた人だ。佐藤宰相の寛子夫人は訪米のさいミニスカ-ト姿旅立ち大騒ぎになっことがある。また,主人は怖いですよ.私随分殴られました。と週刊誌の対談で発言が外国メデアにワイフピ-タ一事件として取り上げられた。いろいろな話題を醸す人であったようだ.鳩山宰相夫人はパァ一ホ-ウマンス好みの人か。三木宰相夫人に三木氏は頭が上がらなかったようだ.良妻賢母だったのか。大平‥海部‥鈴木‥麻生‥野田‥橋本等等の宰相夫人についてはマスコミで話題になったとも聞かぬ。そうそう忘れかけていた菅直人宰相夫人に菅直人氏は頭が上がらなかったとか.すごい人だな菅直人宰相を手玉に取るのだから-と言えばそれは言い過ぎだと言われるか。それはさておき,宰相夫人の理想像はいかがなものか.何事も控えめでつねに主人を立てて行動する人といえば考えが古いと一刀両断か。失礼な言辞があれば平にお許しを願う。しがない田舎親父の寝言と聞き流されよ。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-29 08:27 | Comments(0)

あら,不思議

昨日は,文書改ざんに関わる佐川証人喚問を終日視聴した。(勿論文書改ざんはあってはならぬ事だ゛。あってはならぬ事がなぜおきたのか。その解明はなさればならぬ。)与野党質問者の力量が問われる事にもなった。私は逢阪議員の質問が適格であるなと感じた。元財務省の能吏とのやりとりだ.質問者が質問負けしているようでは解明にはほど遠いい。そのような質問者もいたな.頭脳明晰論理的思考の持ち主だ.その人に議論で打ち勝つにはなみたいていではないだろう。さて、行政の世界では,部下の不始末の責任は上司が監督責任を問われる事は当然のことだ。ところが,財務大臣の責任を問う声が少ないはいかがか.当然監督責任が問われて当然だ。責任を一切部下に押しつけて知らぬ顔ではいかがなものか、と,首をかしげたくなるのだ。財務大臣が責任を取って辞任をする選択肢もある。でなければ、いやさ,あら不思議と思わずつぶやきたくなるよ。いや国民は納得しないだろうな。いま国会で,議論が求められているのは、国民の生命‥財産の安全と国益を議論することではないか。とも思ってみた。いろいろなこと思い出すさくらかな。だよほんとに--
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-28 07:57 | Comments(0)

寿命

人それぞれの寿命を言い当てることは、現代科学でも不可能だろう.終戦後70数年を経た今日平均寿命は男性80才女性86才になった.戦時中の男女の平均寿命は60才前後だ。平均寿命の飛躍的な進展は驚嘆に値する.なぜ飛躍的に延びたのか.世界でも例が無いのではないかな。今後もさらに延びていく可能性がある.問題は,健康寿命ガ延びることだ.現在健康寿命は男性71才女性73才である。人生100年時代の到来に向けて、健康寿命が延びることが必要不可欠だ.定年退職した人達が余生というのかセカンドライフと言えばいいのか、を過ごすためには第二の人生設計を立てることが必要だ.老後をゆったり,のんびり過ごす社会構築ができあがっているか。いやいや第二の人生設計が生かされる社会になっているか。幸いなことに私達は年金の恩恵にあずかり老後をつつがなく過ごす事が出来る.若者達にも年金が保障される社会であってほしい.左様な希望や夢を若者達に与えるのが政治の課題だ.政権の揚げ足取りや倒閣にうつつを抜かす議員よりも国益をまもり安全保障問題に真剣に取り組む議員こそ必要不可欠だ.来の参議院選を見据えて我々は政治に関心を持って望もうではないか。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-25 09:26 | Comments(0)

追憶

私の父は無類のタバコ好きであった.朝からくわえタバコで起きてくることがたびたびあった.私は父親の遺伝子を受け継いでおらずタバコはからっきしダメだ。戦時中は何もかも配給制度であったので,酒好きの人とタバコを交換していた.父が亡くなったのは、60才だ。自治会の役員をしていたので,消防訓練のあとの酒宴の接待をしている席で倒れた.トラックで家まで送ってもらったらしい.当時私は寺町の市営住宅に住んでいた.即座に医者に見てもらっておれば良かったのだが,酒席で倒れたので母親も祖母も二日酔いだと思っていたらしい。心筋梗塞を発症していたらしいので医者にかかっておれば命を落とすこともなかったと考えている.一緒に暮らしておれば,自分なりの対応が出来ていたのだとおもい無念の念がする。父の葬儀をしながら,祖母の葬儀もさほ遠いい将来ではないなと思った.祖母も逆縁にあい心中いかほどかと思わないわけにはいかなかった。祖母は,家族が力を合わせて家を守っていくしかないと、けなげに云っていた。急遽、寺町の市営住宅から西坂に帰る事になった.高等学校三年の弟がいた.妹は柳瀬のグンゼに就職していた.弟の就職や妹の結婚をさせねば成らぬ立場なった.妹二人はすでに鬼籍に入り,命ながらえているのは弟と二人だ。弟とは15才年が離れている。昨今さよなう昔のことがなぜか思い出されて成らぬ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-24 09:16 | Comments(0)

懺悔

随分昔のことである。いや六十年も前のことだ。私が中上林小学校に勤めていたとき,久しぶりに我が家に帰ったら,父が珍しく、経済的に苦しくなってきたと弱音を吐いた.私はとっさに,親父さん経済的に苦労をするのも生き甲斐があっていいじゃない。なんて傍観者のような態度で言い捨てた.父は,私の言葉をどのようなおもいできいただうか.それ以上何も言わなかった.父は、私に勉強したかったら学資は出すと言ってくれていた。六反百姓の経済的に苦しい中から,お金を工面して私を京都の学校まで出してくれた。父の恩義に報いようともしななかった私の行為が恥ずかしい。いや悔やまれて成らない。なぜ素直に分かった。いくら工面すればいいの-といえなかったのか。黙って財布から現金を取り出して、今はこれぐらいしか持ち合わせがないからと言ってお金を渡せなかったのか。いまさら、いかんともしがたいが,父の祥月命日ガ来るたびに慚愧の念で心が凍り付く。仮面を被って現職の時、おもいやり、気配りが必要だと生徒に言っていたことが恥ずかしい。私は、この原罪を背負って墓場までいき,あの世で父に出逢ったら、真っ先に親不孝を詫びなければならぬと思っている。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-23 08:55 | Comments(0)

日曜議会

昨日は,綾部市日曜機会が開催されていたので傍聴に行った.傍聴に十数名がこられていた.市民の議会に対する関心が高まったのかと思った.当日は私か支持する種清議員の質問があったこともある.帰り際に,市民新聞社に取材見習いにきている大学生から、日曜議会の感想を聞かれた.地域の要望を現地現場主義に基づきしっかりと踏まえた質問をされていたと答えた。高崎社長から議員定数の削減は一名程度になるのではないかという予想を聞いた.さて市議会議員定数を何人にするのか。かって,議員22名から18名に削減したとき,16名という考えもあったが,一気に6名削減は地域の幅広い要望を把握する事が難しくなるという理由で18名にした経緯がある。当時の経緯を知っているのは高橋議員だ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-12 08:47 | Comments(0)

府立校長会OΒ有志会

昨日は,府立校長会0B有志の会がルビノ堀川で開催されたので参加した.西脇知事立候補予定者が来られ挨拶があった。あいさつで,知名度が無いことを如何に克服するかであると言った趣旨を述べられていた。さらに,小学校は教育大付属桃山小学校、中学校を卒業し,私立洛星高校である。洛星高校の時一年の時は,サ-ドで二年生では、ビッチャ-である.40年前林田知事の媒酌で結婚した.素晴らしい教育の流れを止めない覚悟である.と教育に対する抱負を述べられた。有志の会の趣旨は有志ノ会が全面支援する事で有る。参加者は、80数名である。有志の会のメンバ-も顔と名前が一致するのが少なくなってきた.それだけ馬齢を重ねてきたと云うことだろう。有志の会に参加した人達全員に選挙期間中に知人に電話を掛けた名簿を提出させるぐらいの取り組みでないと本当の支援とは云えぬ。ジェスチャ-・ボ-ズではダメだ.真剣に取り組むならば選挙期間中に知人に電話を掛けまくり必勝を期すことを態度で示すべきである.帰りがけに,教育長に出逢った.教育庁舎は耐震工事のために閉鎖されて,旧館で仮住まいのようだ.総務課を訪ね教育長への面会をお願いする.扉を開けたトタン全員が起立して迎えてくれた。また,帰りも全員起立して送ってくれた。そのような姿勢に訪れた者は何とも言えぬ安らぎを感じる。中丹地区からは,高橋先生。井関先生が参加されていた.井関先生は幹事である。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-09 11:30 | Comments(0)

地域交通機関

久しぶりに西坂線への綾バスに乗った。 綾部駅南バス停より出発して,市立病院経由で西坂までだ。市立病院から中丹文化会館青山荘で二人の老婦人が乗車され、旭が丘で下車された。路線バスは位田を経て私市へ石原を経て小畑に入り丹の国荘により、松原をへて奥新庄経由して西坂に入る。その間の時間は45分かかる。率直な感想を云えば,回り道が多いという感じだ。西坂線とは別に,青山荘、位田、私市、小畑へ巡回路線を考えるべだ。西坂から市立病院に通院する病身の身では、あちこちと引きずり回される感じで身体への負担がかさむ。西坂路線をもう少し直通にすればと言えば,乗車する人がいないではないかと反論されそうだが.市が委託している私企業だ。過疎に住む高齢者の身になって考えてもらいたい。私も命ながら得ることになれば,運転免許を返納して路線バスに頼らざるを得なくなる.西坂路線バスの経由をもう少し利用者の視点で検討してほしいと思った。市担当者からは、それはあんたの個人的な見解でしょう。地域住民の総意はどうなの--と反論されそうだが。みんなは一人のために,一人はみんなのために--これが現地現場思想に基づく見解だ。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-07 09:59 | Comments(0)

風のいくへ[葬儀]

昨日は,奥田義兄の通夜が3月4日、葬儀が3月5日に公益社南ブライトホ-ルで家族葬で執り行われたので参列した.奥田義兄の衆議院議員初当選は昭和55年6月執行された衆議院選挙である。総選挙の最中に大平総理大臣が逝去されるという波乱に満ちた選挙であった。弔い合戦を掲げて自民党が大勝した。当時は中選挙区制で定員は一区が5人‥二区が5人であった.奥田義兄の最初の選挙の時に選挙参謀としてご尽力いただいたのが西脇尚一京都市会議員。津田市会議員‥青木市会議員であった。奇しくも今回京都府知事立候補予定者西脇隆俊氏は西脇尚一氏のご子息とお聞きしている。縁の不思議をひとき思い知る事となった。3月8日ルビノ堀川で山脇氏をお招きして府立学校校長会有志0Βが開催される。之に参加出来ル事も不思議な縁である。腹黒い連中がそんなの勝手に自己陶酔しているだけや--とれいしょうされていることでしょう。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-03-06 09:50 | Comments(0)