綾部市物部地区在住


by ayabemorinaga

<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕立3日

昨日、干天の慈雨とも云うべき夕立が来た。暑さで息絶え絶えの作物が生き返ったようだ。豪雨も困るが日照り続きも困る。適当に雨が降らないと大変だ。昔は雨乞いに山の頂上で火を焚いたそうだ。昨今の気象状況は異常としか云いようがない。災害列島日本で生活する我々は常に危険と背中合わせの状況だ。豪雨による土砂災害の恐ろしさを目の当たりに見た。安全安心のために身を守るには我々自身の行動でしか身を守ることは出来ぬ。さらに隣組同士の人たちが自助共助の精神を持って連帯して助け合うことだ。田舎でも以前は地域の連帯感が逢ったが昨今は自己中心主義が徹底している。自分が良ければそれで由とはこれ如何に。田舎の連帯感の喪失は何に由来する物なのか。さらに田舎の連帯感を維持する方策はあるのか無いのか。安全安心の町作りに欠かせないのは、それぞれの人たちの連帯感なくして成り立たぬ。行政の声かけだけでは達成できぬ。しかし消防団という強い味方もある。消防団に入ることを忌諱する人が居るのかいないのか。若者に世のため人の為に何かを成そうという気概はあるのか。安全安心は若者達の心志如何にかかっている。話しが横道にそれた。夕立三日と言われているとおり今日も夕立が来るのか否か。夕立を心待ちしたい。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-30 09:18 | Comments(0)

戦いすんで日暮れて

我が町の市会議議員選挙が酷暑のなか執行され、昨晩市民の審判が下された。ここで隠居の独断と偏見に満ちた意見を述べることにする。新人はさすがに強い。いずれも上位当選を果たす。有権者の新人に対する未知の期待感があるのだろう。されど、なかには毎回上位当選する人もいる。その人の人柄はさわやかでありリップサ-ビスは抜群で謙虚さを失わない。少しでも傲慢さの片鱗でも見せれば、たちまち有権者はそっぽを向く。議員たるものは、常に有権者に対して謙虚な姿勢を接しなければ成らぬ。謙虚さを失えば有権者は離れていくことを如実に示されたのが、今回の選挙結果である。本人は傲慢な態度であるとは意識していないだろうが、有権者の眼をごまかすことは出来ぬ。なかには、謙虚を装っているずる賢い議員もいるから注意しなればならぬが-有権者も馬鹿ではないしっかりと見ている。されど仮面を装ったリップサ-ビスを見抜くことが出来なかった有権者のおろそかな一面もあったことは否定できない。それともう一つ付け加えるとすれば、義理人情を大切にすることだ。義理人情と言えば、やくざの世界かと軽蔑されたり、革新的な人たちからは毛嫌いされるが、それを失っちゃ-おしまいよ。と言っておく。先々を見据えて恩義のある人を見捨てていく政治家の風上にも置けぬ輩がいる事も事実だ。今回当選の栄を勝ち取られた議員諸氏は、世のため人の為に謙虚な姿勢を四年間堅持し市民の負託に応えるために、真摯な議員カッドウを期待する。議員カッドウの中心は政策提言がしっかりとできるか否かである。議員である限り政策提言が出来うる議員を目指して努力されたい。本来は首長が政策提言をする野ではなく議員がするのが正統なのだが、中央官僚が議員は政策提言が出来ぬと見くびって首長にも政策提言権を与えたのだ。中央官僚を見返すためにも政策提言がしっかりとできる議員を目指して普段の努力と研鑚を積まれたい。巧言令色少なし仁という言葉があるゆえ、過剰なリップサ一ビスもほどほどに
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-27 08:46 | Comments(0)

市民の選択基準とは

四年に一度の市会議員選挙が執行されている。議員は長きを持って由とするものではない。議員在職中に政策提言を何回行ったか。さらに市条例を議員提案出来たか。等で評価し有権者の選択基準にすべきだ。それでは新人に何を基準にすべきか。公約のなかに政策提言があるかどうかで判断すればよい。議会は公正な行政を確保するための監視力が無ければ成らぬ。されど現行の議員選挙を見ていると適格な監視が出来るかうかがわしいじたいが存在している。そこのところを議員はしっかりと自覚しているのか。それは充分承知の上でやっていると言われても、市民にはその証拠が見えぬ。監視批判は当主権者‥納税者の立場で成されなければ成らぬ。現行監査委員制度は、議会の監査権の延長として議員のなかから監査委員を選出するなど議会とは不離一体の関係に在りながら、議会の監査請求を行った事例は皆無ではないか。之は議会議員の怠慢ではないのか。少なくと年二回上期と下期について事務事業が適正に行われているか等の諸問題について請求する慣行を築き上げる必要は無いか。議会政治の要諦は監視なくんば立たずと理解をされたい。政策提言‥政策市条例を議員提案出来る議員こそ議員の資格在りと考える。異常気象に対応して安全安心の町作り条例を是非政策提案される九月議会である事を願う。それじゃ-お聞きしますがあなたはどのような議員でしたか。と尋ねられれば反論が出来ぬ。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-23 10:56 | Comments(0)

生きる

人の為世のために尽くす。気概も失せ、ましてや、立志之なりの生き方は遙か彼方に消え失せた。魂の抜け落ちたような後期高齢者の生活を過ごす。俺何のために生きているのか。反問すれど答えは見つからぬ。隠居贅沢なこと言ってはおしまいよ。健康で生きられる我が身を先祖感謝せなならぬだろう。健康は親からの贈り物と言われている。父親、祖父は60才で心筋梗塞で亡くなった。私も父親の遺伝子を受け継いで60才で亡くなるかと思ったが、母親の遺伝子を受け継いで生きながらえている。母親は91才で亡くなった。妹たち二人は父親の遺伝子を受け継ぎすでに鬼籍に入っている。昨日弟が倉敷から墓参りにやってきた。弟曰く、この頃物忘れが酷く困っている。弟は私と年齢が15才離れている。いま70才だ。今年が墓参りも最後かえってこれぬかも知れぬと、いつになく弱気なことを云う。10月頃に母親の17回忌の法要を営む予定だと言ったが、かえってこれぬかも知れぬ。と再び弱き気な言辞。兄貴は元気だなと言う。空元気だ。でも気持ちの持ち方も大切だぜ-と説教くさいことを云う。健康で生きいられることを幸せと感じ神仏に感謝せにゃ-ならぬ。罰当たりな考えはやめろ-と言われそうだ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-15 08:24 | Comments(0)

回想

今日は、私が選挙で大変お世話になった後援会幹部のお墓参りに行った。一期目の選挙でお世話になった役員の人達は、ほとんど鬼籍に入られた。選挙に出馬するけついを固めて、長老に相談をしたら、まずしっかりと株を固めよ‥そして次は組、さらには最寄りを固めて自治会の推薦をもらうことだ。自治会長に推薦依頼をしたが、どうもはっきりとした返事がない。しびれを切らした古老が厳しい叱責をした。とたん手のひらを返したように、推薦を承諾した。さらにある古老は君が自分から立候補したのか、それとも誰かの推薦があったのかと尋ねてきた。どうでもいいようなことをぐだぐだきくのも村の悪しき風習だ。さらに陰では悪口雑言を言われる覚悟が必要だ。家では家内の説得も一苦労だ。断固反対されるからね。驚きは、株のひとが、まあせいぜいビリかブビ―で当選出来たらいいほうだと臍いていたという。人心は恐るべしを実感す。選挙こそ、人を信じなければやっていけないが、人の心の恐ろしさを垣間見ることが出来ルのも選挙である。人の心が手に取るようにわかるのもまた、選挙である。いろんな困難を承知で後援会役員を世話になった人たちへの感謝の念は終生忘れることなく過ごしたい。いろんな思いがこみ上げてくる墓参である。

[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-14 07:19 | Comments(0)

隠居の屁理屈

暑い。とにかく暑い。灼熱地獄の底に放り投げ入れられている様だ。灼熱地獄の底から這いだそうともがいている昨今だ。こう暑くては、後期高齢者には堪える。身の置き所がないとは、かような様を言うのか。されど夕方になれば、一陣の風が吹くことがある。思わず、極楽極楽とつぶやきたくなる。昔ク-ラ-の無き頃は、夕方になると縁側に縁台を持ち出し夕涼みをしたものよ。本題に入ろう。お盆には、13日には夕方迎え火を焚いてて先祖を家にお迎えする。ところが先祖様が家の仏壇におわすのに、墓参りをして拝んでいる。何のための墓参りだ。よく分からない。ご隠居屁理屈など言わずに。昔から行われてきた風習に盲目的に従えばいいのよ。そうだろうか。そうよ。16日に送り火を焚いて先祖をお墓に送ってから墓参をするのが当然ではないか。ご隠居頭は正常に働いているかね。あつくて正常化どうかも分からぬ。
[PR]
by ayabemorinaga | 2018-08-13 11:50 | Comments(0)